【Netflix】「このサイテーな世界の終わり」を科学する

みなさんはブラックな笑いはお好きでしょうか?

 

どうも、ネロです。

 

今回取り上げる作品は、まさにブラックな笑いが満載となっております。

その名も「このサイテーな世界の終わり」!!!

 

 

View this post on Instagram

 

Caption this f***ing picture.

The End of the F***ing Worldさん(@teotfw)がシェアした投稿 –

 

こちらの画像の二人が今回取り上げる「このサイテーな世界の終わり」の主演。

一見可愛らしい女の子と、その横にガリガリで奇妙な視線を女の子に送る男の子。この画像のサイコパス感に惹かれたあなたは、このドラマにどっぷりハマるポテンシャル十分だと言えるでしょう!!!笑

 

正直なところ僕はあまり期待せずにこの作品を観始めたのですが、観終わる頃にはヤバイくらいこの作品が大好きになってしまいました。控え目に言って面白すぎました・・・!!

 

そんなわけで今回は、「このサイテーな世界の終わり」とは一体どんな作品なのか、何が魅力なのかなどを徹底的にご紹介していきたいと思います!

 

それでは本日の科学スタートです!!

 

「このサイテーな世界の終わり」って?

 

View this post on Instagram

 

Oh, uh, hi Alex and Jessica.

The End of the F***ing Worldさん(@teotfw)がシェアした投稿 –

あらすじ

17歳のジェームスは殺人願望があり、自分がサイコパスだと信じて疑わない男の子。同じく17歳のアリッサは可愛くてイケてる転校生の女の子。(でもかなり病んでる)

「二人は日常の生活に絶望している」という共通点があり、なんとなーく付き合うようになって成り行きで家出という形でロードトリップに出かけます。ワクワクする旅だったはずが、とある事件をきっかけに事態は思わぬ方向へと進んでいきます・・・。

 

原作はチャールズ・フォースマンによるグラフィック・ノベル(大人向けの漫画)。

漫画が原作かあ・・・なんて侮ることなかれ。ストーリーは非常にしっかりとしており、先の読めない予想外の展開に夢中になること間違いなしです。

 

僕はあまりサイコパスを題材にしたような作品は得意ではないので、ドラマを観始めた時はサイコパス設定のジェームスに抵抗感がありました。

また、あらすじでも書いた通りもう一人の主人公アリッサはかなり病んでいるので、彼女の言動も観ていて少しイライラしてしまうようなことも・・・。

 

こんな感じで主人公二人に対して違和感を感じた僕は、一話だけを観てこの作品の鑑賞を挫折してしまいました。

(もしかしたら僕のように、一話だけで観るのをやめてしまった人もいるんじゃないでしょうか!?)

 

しかし、様々なレビューサイトで異様に高い評価を誇っていた為、「まあ一応続きも観てみるか・・・」と軽い気持ちで一年越しに本作を観て観たのですが・・・

 

もう、完全に取り憑かれたかのごとく夢中で見入ってしまいました。

 

「このドラマは面白すぎてヤバいくない!?」と感じたのは第三話あたりからですかね・・・。

このあたりから物語が大きく動いてくるので、一気に引き込まれました。

 

何がそんなに面白いのかと言いますと、、、

  • 一話あたり約20分で無駄がなくテンポよく進むストーリー
  • 続きが気になりまくる予想外の展開
  • ジェームスとアリッサの細やかな心理描写
  • サイコパスと病んでる少年少女が織りなす独特な世界観

などが挙げられますね。

 

一話20分という短さでありながら、予想外の展開がテンポ良く次から次へと起こるので、一度観始めたら止まることなく一気に観てしまう人が続出しています。

 

また、主人公二人がサイコパスとメンヘラって感じなので、ドラマの雰囲気は唯一無二のかなりユニークなものになっています。この独特な世界観がクセになってしまうんですよね・・・。笑

 

そうは言っても初めは主役の二人が苦手だと感じた僕ですが、そんな気持ちが吹き飛んだのはカオスな展開続きの中で、意外にもしっかり描かれる心理描写があったからだと思います。

多感な17歳の少年少女の揺れる想いが非常に丁寧に描かれていました。そしてそれを見事に表現する二人の演技も本当に良かったです!!

 

なかなかこのドラマの雰囲気や味わいを文字で表現するのは難しいので、とにかくぜひ最初の三話くらいまで観て欲しいです。

そこからはマジで一気に引き込まれて、観終わる頃には完全に本作の虜になっているでしょう・・・!!

本当におすすめできる作品です。

 

キャスト

ここからは主演の二人について詳しくご紹介していきます!!

 

☆アレックス・ローサー(ジェームス役)

 

View this post on Instagram

 

Not sure where Alex ends and James begins.

The End of the F***ing Worldさん(@teotfw)がシェアした投稿 –

ジェームス役を演じるアレックスは1995年5月4日生まれの23歳。

イギリス出身のアレックスはお兄さんは映画監督をしていることもあり、幼い頃から演技に強い関心を持っていました。若手俳優育成の施設で経験を積んだアレックスは、16歳で本格的に演技のキャリアをスタートさせます。「このサイテーな世界の終わり」出演以前にはアカデミー賞の脚本賞を受賞したベネディクト・カンバーバッチ主演の「イミテーション・ゲーム」やNetflixの人気ドラマ「ブラック・ミラー」などに出演しその評価を高めていきました。(ちなみにアレックス出演のブラックミラーのエピソードはシーズン3の第3話「秘密」というエピソードです。)また、イミテーション・ゲームではロンドン映画批評家協会賞の英国若手俳優賞を受賞しています。

「このサイテーな世界の終わり」でアレックスが演じたジェームスは、前述の通り自分をサイコパスだと思っている少年。そんな難しい役柄を雰囲気たっぷり演じたことで、アレックスは世界中から賞賛を受けることになりました。作品の内容のせいか、賞レースで何かしらの賞を受賞することはありませんでしたが、ドラマの視聴者の心には強烈なインパクトを残したことは間違いないでしょう。

 

☆ジェシカ・バーデン(アリッサ役)

 

View this post on Instagram

 

Soon again. @josephsinclair make up: @justinejenkins hair: @thelondonbarber stylist: @adelecany and @stewiesinclair

Jessica Bardenさん(@jessybarden)がシェアした投稿 –

とっても可愛らしい見た目とは裏腹に闇が深い女の子アリッサを演じたジェシカは1992年7月21日生まれの26歳。

7歳の頃に子役として演技のキャリアをスタートさせたジェシカは、初めの内は小さな役での出演を積み重ねていきました。2007年には60年近く続くイギリスの超有名ソープオペラ(日本でいう昼メロ的なドラマ)「コロネーション・ストリート」に出演を果たし、約一年半に渡ってケイリーという役柄を務め知名度ぐいっと上げています。

その後も数々の映画やドラマに出演し続けたジェシカですが、やはり今回取り上げている「このサイテーな世界の終わり」への出演でこれまで以上の注目を集めることになりました。2018年には「The New Romatic」という映画に主演を果たしており、今後ますます活躍の場を広げていきそうな予感です。

こちらがジェシカが主演を務めた「The New Romantic」の予告動画。ジェシカが演じるのは自分の人生にロマンスが無いことに苛立つジャーナリズムの学校に通う学生ブレイク。そんなブレイクがシュガーベイビー(日本でいうパパ活的なもの)となりその経験を記事にしてジャーナリズムのコンテスト優勝を目指す・・・的なストーリーです。Netflixの人気ティーンドラマ「リバーデイル」のベロニカ役で知られるカミラ・メンデスが出演しているのもこの作品の注目ポイントです。

 

 

主演の二人はどちらも童顔で、ドラマの中では高校生の役だったこともあり20歳前後だと思っていたのですが、結構大人だったことにびっくりしました。笑

 

そうは言っても二人ともまだまだ若手と言われるような年齢の役者さん。

若くしてすでに色々な役を演じた経験があるので、これから先どんな演技を見せてくれるのかが本当に楽しみです。

(個人的にはアレックスが持つ他の俳優さんには無いような独特の雰囲気が大好きです。まじで唯一無二!!)

 

海外の反応

 

View this post on Instagram

 

❤️ Jalyssa ❤️

Jessica Bardenさん(@jessybarden)がシェアした投稿 –

海外での評価が非常に高い本作。

海外の人たちはこの作品をどうのように見ているのかを紹介していきます。

 

訳)この二人まじ最高!

 

訳)「このサイテーな世界の終わり」をちょうど観終わったんだけど、本当に良かったしトリッキーな雰囲気に夢中になったよ。アレックス・ローサーとジェシカ・バーデンは二人とも素晴らしかったね。「 ペニー・ドレッドフル」に出てたジェシカも好きだったけど、同じ人だって認識できてなかったのが残念・・・!

※「ペニー・ドレッドフル」はフランケンシュタインやバンパイアなどが登場するホラー作品。ジェシカはジャスティン役でシーズン3に出演していました。

 

View this post on Instagram

 

RIP Justine. I loved penny dreadful! As a fan first as well ❤️ farewell.

Jessica Bardenさん(@jessybarden)がシェアした投稿 –

こちらはペニー・ドレッドフルでのワンシーンですね。

 

訳)Netflixの「このサイテーな世界の終わり」を観たよ。やばいくらい奇妙な作品だったけど大好きだ!それにジェシカ・バーデンとアレックス・ローサーは才能があって素晴らしかったね。

 

訳)アレックス・ローサーは本当に美しい男だね!!

 

訳)「このサイテーな世界の終わり」は多分ここ数年観た作品の中でベストなドラマだよ。

 

訳)ねえNetflix、いつになったら「このサイテーな世界の終わり」のシーズン2は配信されるの?毎月お金を払ってる私たちのことよく分かっているよね?本当に主役の二人が大好きなの!お願いだから早く続きを観せて!!!

 

訳)「このサイテーな世界の終わり」のシーズン1を観終わったよ。ワオ、本当にクソ面白かったよ!!

 

訳)「このサイテーな世界の終わり」を9周もしたよ・・・。私ってメダルか何かもらってもいいんじゃない?

 

訳)シーズン2が今すぐ必要!

 

訳)もしもまだあなたが「このサイテーな世界の終わり」を観てないなら観なきゃダメ。今すぐに観て!

 

訳)この「サイテーな世界の終わり」は2018年に観たドラマの中で最も良い作品の一つだね。シーズン2が待ちきれない、早く観せて!!

 

さあ、海外の反応をご紹介してきましたがいかがでしょうか?

 

作品を賞賛する声、主演の二人を褒め称える声が非常に多かった印象です。

また、今回紹介したものの中にもありましたが、原作が漫画ということもあってファンがイラストを描いてアップしているツイートも多かったです。

 

あとはとにかく続きが早く観たいという反応が多かったですね。

ちなみにシーズン2について具体的な時期は伏せられていますが、製作されること自体は2018年8月にアナウンスされています。

(海外のニュースサイトを観ると、2020年にNetflixで配信されるのでは?という予想が書かれていました。信ぴょう性については微妙ですが・・・。)

 

シーズン1のラストが「え、この後どうなっちゃうの!?」的なものだったので、早くシーズン2が観たくて堪らないファンは非常に多いんですよね。(僕もシーズン1を観終わってすぐにシーズン2の配信日を検索しました。笑)

 

まとめ

 

View this post on Instagram

 

Before there was James and Alyssa, there was Alex and Jessica.

The End of the F***ing Worldさん(@teotfw)がシェアした投稿 –

 

今回は「このサイテーな世界の終わり」を取り上げてきましたがいかがだったでしょうか?

 

配信がスタートされてから既に1年以上経ってしまっており、本来なら記事にする予定はなかったのですが、あまりにも面白かったので今回記事にしてしまったというのが正直なところです。笑

 

僕は手放しで絶賛したいくらい最高な作品だと思っているのですが、日本ではあまり人気・知名度ともにあまり高く無い感じなのが悲しいです・・・。

でも、Twitterの反応を見ると「一気に観てしまった」とか「シーズン2早く観たい」という日本語のツイートも見受けられたので、数は少なくてもコアなファンがいるような印象を受けたのがちょっと嬉しかったです。笑

 

まあ何にしても、今後シーズン2が配信されたりして益々評価され多くの人から愛されるドラマになって欲しいところです。

それに主演の二人もこの作品を通じて今以上に人気の役者さんになってくれることを期待です!

 

それでは本日の科学はここまで!

次回をお楽しみにー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です