【勉強法】留学を通してTOEICの点数を300点上げた件を科学する【おすすめ】

 

留学時代、みんな何かしら恋愛沙汰があったのに僕はノースキャンダルで帰国しました。

 

どうも、ネロです。

 

今回は僕が留学時代に行なっていた勉強法をご紹介していきたいと思います。

 

僕は大学生の頃に9ヶ月間ほどイギリスに留学していたのですが、当時を振り返ると「何とか英語を上達しなければ!」という思いは持っているものの、一体どうするのが正解なのかが分からず必死にもがいていたような気がします。

その甲斐あってか留学後にはある程度英語での会話に自信が持てるようになり、TOEICの点数も800〜900点ぐらいは取れるようになりました。(留学前は550〜650点しか取れていませんでした)

 

そこで今回は、僕が留学時代に行なっていて効果があったと感じる勉強法をお伝えしていきます。

(きっと留学していない人もやってみれば効果があるはず・・・!)

 

そんなわけで本日の科学スタートです!

 

最強の単語帳「Duo 3.0」がヤバい

皆さんは「Duo 3.0」という単語帳をご存知でしょうか。

英語学習者の間では有名すぎるこの単語帳ですが、これはマジで英語力の向上に役立ちます。

 

 

何で英語力の向上に役立つのかというと、この本に書かれている例文には日常会話でめちゃくちゃ使える単語やフレーズがてんこ盛りなんです。

この例文を全て暗記するつもりで学習を続けていくと、ビックリするくらい英語での会話ができるようになっています。

また、Duo3.0は例文を読み上げるCDが別売りされているのですが、これも絶対に買ってください。

 

具体的にどのようにこの本を活用したのかは以下の通り。

  1. ひたすら本を読み込んで単語、例文を丸暗記。(可能であれば紹介されている類義語や反対語も暗記)
  2. CDで読み上げられる例文を聞き、耳を英語に対応できるようにする。
  3. 実際に声に出して例文を読み上げて英語が話せる口にする。

 

ざっくり言ってしまうと、「読む」「聞く」「話す」を通して例文を覚えると共に、耳と口を英語に適応できるようにするって感じですかね。この作業をひたすら何周もするのです!

 

個人的な所感としては、TOEIC500点前後の人がDuoを使ってしっかり勉強したらグイっと英語力を高めることができると思います。(基本的な文法の説明などが書かれた本ではないので、TOEIC400点以下の人は一度基礎的な知識を付けてからこの本を使うとより効果アリです。)

 

そして留学中は実際に英語を使う機会が多いはずなので、覚えた単語やフレーズを積極的に会話に織り交ぜていくことを意識しましょう。実際に使ってみると、すぐに忘れない強固な知識として自分の脳に定着します。

 

僕が留学していた時には、学校の日本人留学生の間で「マジでこの本は使える!」ってことで話題になっていました。中にはわざわざ日本から取り寄せる人もいたくらいです!笑

 

これから留学に行くという人は、この本を持っていくことを強くオススメします。

(短期での留学の場合は、出発前にDuoを使って勉強しておくのが良いです!)

 

ドラマやアニメを観まくる

お次は「ドラマやアニメ」を観まくるという学習法です。

 

僕は留学中に意図してこれをやっていたわけではないんですが、単純に好きで英語のドラマやアニメを観ていたらいつの間にか英語力の向上に繋がっていました。

 

 

ちなみに僕がよく観ていたのは「ママと恋に落ちるまで」というドラマと、「ファミリーガイ」というアニメです。

どちらも1話30分程度でサクッと観れるのですが、これぐらいの長さが集中して観れるのでちょうど良いような気がします。

 

☆ママと恋に落ちるまで

本当に本当に、こんなに好きになったドラマは他にはないってくらい僕のお気に入りのドラマ。物語は父親が子供達にどうやって自分が妻(子供達にとっては母親)と出会ったか・・・を回想形式で語るという形式。ドラマはシーズン9まで放送されていたので、ママと出会うまでかなりの時間を要します。笑

若い男女を主人公にしたシットコムで一話完結なので「フレンズ」や「ビッグバンセオリー」に近いものがありますが、このドラマの方がどことなくストーリーがつながっている感は強いですね。また、ニール・パトリック・ハリスが演じるバーニー・スティンソンというキャラクターが強烈でとっても面白いです!笑って泣けて温かい気持ちになれる超名作!!(留学時代に落ち込んだりするといつも僕はこのドラマを観て元気をもらっていました。本当に素敵な作品です。)

 

☆ファミリーガイ

 

View this post on Instagram

 

Brian is one cool customer. ❄️ Catch up on the latest episode with the link in our bio.

Family Guyさん(@familyguyfox)がシェアした投稿 –

 

 

グリフィン一家の破茶滅茶な日常を描いたアメリカの超人気アニメ。時事ネタからブラックな下ネタまで何でもアリの本当に面白いアニメ。ちょっとブラックジョークが過ぎる描写もあるので万人にオススメできる作品ではないけど、ハマる人は絶対にどハマりします!!

 

僕が観ていたこの2作品に共通しているのは日常生活を描いた作品であり、日常的に話されるような会話が存分に盛り込まれているという点。

Duoを使った学習でも似たようなことを書きましたが、このようなドラマやアニメで聞いた言いまわしは積極的に自分でも使っていくのがオススメ。その方が習得も早いし語彙力も上がりますからね。

 

あとはアニメ作品に関していうと、海外のアニメは声優が独特な話し方をするので、これに慣れるとかなりリスニングスキル上がる気がします。

僕が観ていた「ファミリーガイ」は基本アメリカ英語ですが、登場人物の一人がイギリス英語を話してたりもするので、かなりスキル向上に役立った気がします。(多分ファミリーガイの内容をある程度理解できるようになったら、TOEICのリスニングがかなり簡単に感じることができるはずです。)

 

そして最初のうちは英語字幕を出しながら観るのが良いと思います。

聞き取れなかったところを補完できますし、字幕を観ながら一緒にセリフを読み上げてみるのも一つの手です。(いわゆるシャドウイングってやつですね。)

 

最初は英語字幕があっても全然内容が分からない!と感じるのは普通のことです。

大事なのは継続することで、分からなくてもとにかく観続けてください。でも、分からないからと言ってボーッと観るのではなく理解しようという気持ちを持って集中するのです!!

 

そんなわけで、とにかく作品については自分が継続して観続ける、集中して観ることができるものを選んでほしいです。

言い換えると、自分の好きな俳優や女優が出ているとか、自分が面白いと感じる作品ってことですね。

 

外国人の友達をつくる

 

やっぱりなんだかんだ言っても、これが一番大事ですね。

外国人の友達を作って、リアルに英語を話したり聞いたりするということです。

 

僕は留学の1番のメリットは英語を使わなければいけない環境に身を置くことができるということだと思っています。

ただ、その環境を生かすも殺すも自分次第。せっかく英語を使わなければいけない環境に身を置いているのに、日本人ばかりで固まってしまうケースも非常に多いです。

 

日本人で固まってばかりいるのは、確かにものすごく居心地が良いです。

日本語を話せる人が限られている環境だと、同じ留学生という立場で日本語が話せる日本人留学生と一緒にいるのは本当に楽なんですよね・・・。

 

そんな日本人留学生と関わるな!とは言いませんが、、、いつも一緒にいるのは本当に勿体無いです。

 

やっぱりせっかく外国にいるのなら、外国人の友人を作って積極的に英語を使うのがベストです!!

 

留学中は自分以外の日本人留学生が外国人の友人をたくさん作っているのに、どうして自分には友達ができないのだろうと不安になってしますこともあるかもしれません。

 

でも、焦らずに自分らしくしていればきっと気の合う仲間が見つかるはずです。外国人だからといって変に身構える必要はありません。自分と同じ価値観を持つ人もいれば、全く違う考えを持っている人でも驚くくらい気の合う人だって絶対にいるはず!

(無理をする必要はありませんが、そういう気の合う仲間を見つけるための少しの勇気は必要かもしれません。最初に一言話しかけてみる勇気ですかね!)

 

そんな友人を見つけたら、授業のあとは積極的に遊んじゃいましょう!

とにかく一緒に遊んで色んな話をしてください。それが上達の一番の方法です。

 

もしもあなたが語学学校に通っているのであれば、周りの学生は英語のネイティブスピーカーではなく、英語の話せるレベルは様々だと思います。でも可能であれば自分よりも英語が話せる人と友人になると英語の上達は早いと思います。

なぜかと言うと、身近な人が話す英語はいつの間にか自分の話す英語になるからです。気がつくと友人がよく使う単語や熟語が自分のよく使う言葉になっているんですよね。

 

僕が留学していた頃はよく、仲の良い友人たちと一緒にお酒を飲みに行ったりビーチにピクニックに出かけたりしていました。

その内の数人がすごく上手に英語を話したので、彼らとの会話はものすごく英語力の向上に役立ったと感じています。

 

そして僕は全然モテなかったので非常に真面目な学生だったのでノースキャンダルで留学を終えましたが、外国人の彼氏や彼女を作った友人はすごく上達が早かったです。その理由は言わずもがな、恋人と一緒に過ごす時間は英語でのコミュニケーションが必要だったからですね。

 

繰り返しになりますが、留学の最大の利点は英語を使わなければいけない環境に身を置くことができるという点です。

学習した内容をアウトプットする場をしっかりと作り、留学の利点を最大限に活かしましょう!可能なら恋人作るのもいいんじゃないですかね?どうせ僕はモテませんでしたけど。(鼻ホジ)

 

留学をしていない人も、国際交流イベントなどに参加して積極的に覚えた英語を実際に使ってみることをオススメします!

 

まとめ

今回は僕が留学時代に行なっていた英語の上達法をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

 

留学中は自分の英語力が思うように上がらず不安になることも多いかと思います。

今回の記事を読んで少しでもその不安を取り除くことができたらブロガー冥利に尽きるというものです。

 

悩みを抱え、辛くて日本に帰りたいと思うこともあるかもしれません。

でも、留学中にそんな感情を抱くことは普通です!むしろ悩みを抱えない人なんて滅多にいません。

今に向き合い一生懸命頑張った人は、きっと英語力だけではなく人間としても大きく成長できるはず。

 

それに、人生の中で学生時代に海外で暮らした経験というのはかけがえのない財産になります。

社会人になってから感じるのは、時間がある学生のうちに海外で暮らすことができて良かったということです。

もちろん将来的に仕事で海外駐在するなんてこともあるかもしれませんが、若くて楽しい学生のうちに海外でヒャッハーできることほど幸せなことはないと僕は考えてます。笑

 

だからこそ、もしもあなたが今留学という素敵な機会に恵まれているのなら、全力で今を楽しんでほしいです!!(圧倒的先輩ヅラドヤ!!)

 

全力でドヤったところで本日の科学は終わりにします!笑

それでは次回をお楽しみにー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です