【Netflix】「ニックのいたずら」を科学する

ストレンジャーシングスのボブ・ニュービー最高ですよね・・・。

 

どうも、ネロです。

 

本日はNetflixで配信されている「ニックのいたずら」という作品を取り上げていきます。

 

どうして冒頭でストレンジャーシングスのボブ・ニュービーの話をしたのかというと、ボブを演じていたショーン・アスティンが本作に出演しているからなんです。(この作品では幸せな家族のお父さんになっていて嬉しい・・・笑)

 

そんなショーン・アスティンが出演している本作。

元々記事にする予定はなかったのですが、最近鑑賞した本作のパート2を鑑賞したところめちゃくちゃ良かったので衝動的に記事を書くに至っています。笑

 

いつものように、作品の概要や魅力、主要キャストのプロフィールや海外の反応について書いていきたいと思います。

 

それでは本日の科学スタートです!

 

作品の概要と魅力

あらすじ

ある日突然トンプソン家にやってきた謎の女の子ニック。彼女は孤児で最も近い血縁関係にある家族を探した結果、トンプソン家にやってきたのだと話します。最初は戸惑いを隠せなかったトンプソン家の面々でしたが、ニックの優しい性格や頭の良さに惹かれて次第に新たな家族としてニックを受け入れていくようになります。しかし、ニックにはトンプソン家の家族には言えないペテン師という裏の顔があったのでした・・・!

 

あらすじだけ見ると少しサスペンス調の作品なのかな?と思ってしまいますが、決してそのようなジャンルの作品ではありません。

かなりざっくりな括りではありますが、「ニックのいたずら」は家族モノのシットコム作品です。(「フルハウス」とかその類の作品ですね)

 

僕が本作の魅力としてあげたいポイントは二点。

  • 主人公ニックの悪知恵がすごい
  • ニックとトンプソン家の絆
  • とっても豪華な出演者たち

 

まず一点目の「主人公ニックの悪知恵がすごい」という点について。

 

ニックには普通の女の子という表の顔と、トンプソン家には言えないペテン師という裏の顔を持っています。

 

ペテン師として活動するニックは悪知恵を使いあの手この手で悪さをすることになるのですが、その様子が痛快だったりハラハラさせられたりで面白いんですよ!

 

また、トンプソン家の家族たちとの何気ない生活の中でも、ニックが機転を利かせるような場面がちらほら。

 

ニックの頭の良さ(悪知恵)が発揮されていることで、他のシットコム作品には無いような笑いのエッセンスを感じられるのは本作の魅力の一つです。

 

そしてお次は「ニックとトンプソン家の絆」について。

 

ペテン師であるニックはトンプソン家の家族たちに対しても、最初は良いカモぐらいにしか思っていないのです。

 

しかし、物語が進むに連れてニックはトンプソン家の家族の優しさにたくさん触れていきます。

そして、ニックはこれまで抱いたことのないような感情をトンプソン家の面々に対して抱くようになるんです。

そんな感情を抱いてしまったことで、ニックは複雑な思いを抱いたり難しい立場に立たされてしまったり・・・!

 

いつしかトンプソン家の面々を好きになり特別な絆を感じるようになるニックの姿や、心優しく突然やってきたニックを受け入れようとするトンプソン家の絆は、家族モノのシットコム作品らしい本作の魅力と言えるでしょう。

 

そして、三つ目の「とっても豪華な出演者たち」について。

主要キャストの詳細については次項で詳しく書いていきますが、海外ドラマ好きなら見たことのある有名俳優・女優が出演しているのも本作の魅力。

 

例えば、トンプソン家のお母さん役で出演しているのはメリッサ・ジョーン・ハート。

その昔日本ではNHKで放送されていた「サブリナ」で主人公のサブリナ役を演じていたことで知られています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#FBF Clarissa days #flashbackfriday

Melissa Joan Hartさん(@melissajoanhart)がシェアした投稿 –

きっと20代〜30代の方はこの可愛いらしい金髪の女の子に見覚えがあるのではないでしょうか?(昔はフルハウスと並んで「サブリナ」も人気がありましたよね。)

 

そしてトンプソン家のお父さん役を演じているのはショーン・アスティン。

彼はNetflixの超人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」のボブ役や「ロード・オブ・ザ・リング」のサム役で知られる名優さんですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hope to see you in Regina!!

Sean Astinさん(@seanastin)がシェアした投稿 –

「ロード・オブ・ザ・リング」のサム大好きだったなあ・・・。(遠い目)

 

この通り、日本でも馴染みの深い役者さんたちが出演しているのも間違いなくこの作品の魅力です!

 

キャスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Don’t forget part 2 of #NoGoodNick is available to stream worldwide today on @netflix. Watch it today with the family. Please! #dramedy #familymystery

Melissa Joan Hartさん(@melissajoanhart)がシェアした投稿 –

前項でも少しキャストについては触れてしまいましたが、ここから改めて本作の主要キャストをご紹介していきます!

 

☆シエナ・アグドン(ニック役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

waffles are just pancakes with abs @michaeldambrosiaphoto

Siena Agudongさん(@sienaagudong)がシェアした投稿 –

主人公ニック役を演じるのはシエナ・アグドン。2004年8月19日生まれの15歳です。

ハワイのカウアイ島で生まれた彼女はお父さんがフィリンピン人ということで、フィリピン系のルーツも持っています。

シエナが演技のキャリアをスタートさせたのは7歳の頃。最初は地元を中心に活動していましたが、次第に大きな仕事を得るようになっていきニコロデオンで放送された「Nicky, Ricky, Dicky & Dawn」やディズニーチャンネルの「Sydney to the Max」などの有名ネットワークの子供向けドラマにも出演を果たします。

近年だと「Alex & Me」というサッカー選手を夢見る女の子を主人公にした映画で主演したり、ニコロデオンで放送されている「Star Falls」というドラマにメインの役で出演したりと大忙しのシエナ。まさに今最も勢いのある子役といっても過言ではない女優さんです!

 

☆メリッサ・ジョーン・ハート(リズ役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Summer begins!

Melissa Joan Hartさん(@melissajoanhart)がシェアした投稿 –

トンプソン家のお母さんリズを演じるのはメリッサ・ジョーン・ハート。1976年4月18日生まれの43歳です。

16歳の頃に主演したドラマ「サブリナ」は7シーズンに渡って放送されるほどの大人気作で、メリッサの代表作と言えます。日本でも1999年から2003年にNHKで放送されており、当時「フルハウス」や「ボーイ・ミーツ・ワールド」などのシットコム作品と並んで人気を集めていたと記憶しています。(今でもとっても綺麗なメリッサですが、当時の圧倒的美少女感は半端なかったです・・・!)


現在は3児の母となっているメリッサ。彼女のインスタグラムでは度々家族で撮影されている写真が投稿されており、良き妻・良き母であることがうかがえます。(お子さんは皆メリッサに目が似ていて可愛らしいです!)

 

☆ショーン・アスティン(エド役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Check out the new bio on my website seanastin.com

Sean Astinさん(@seanastin)がシェアした投稿 –

トンプソン家のお父さんエドを演じるのはショーン・アスティン。1971年2月28日生まれの48歳です。

幼い頃から子役として活躍しているショーン。13歳の頃に出演した冒険活劇の傑作「グーニーズ」では主人公のマイキーを演じ、華々しい映画デビューを飾るとともに大きく注目を集めるようになります。しかし、それ以降はなかなかヒット作に恵まれず不遇の時を過ごすことになりますが、2001年から出演したロード・オブ・ザ・リングのサム役で大復活。(「フロド様!」って言ってたあのホビットの彼ですね)

その後もコンスタントに活躍を続けていたショーンですが、2017年にはNetflixの大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」のシーズン2にボブ・ニュービー役で出演し、でこれまで以上に多くの人から愛される存在となりました。(ストレンジャー・シングス観た人なら絶対ショーンのこと好きになります!!)

様々な役柄を演じ分ける実力派俳優でありながら、柔和な笑顔でみんなを幸せにしてくれる僕の大好きな俳優さんです。今後もどんな活躍を見せてくれるのか本当に楽しみです!!

 

☆ローレン・リンジー・ドンジス(モリー役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

when one door closes another one opens!! #staytuned

さん(@laurendonzis)がシェアした投稿 –

トンプソン家の長女モリーを演じるのはローレン・リンジー・ドンジス。2004年7月28日生まれの15歳です。

7歳の頃からテレビCMに出演しキャリアをスタートさせたローレン。その後はディズニーチャンネル作品に数多く出演しており、「リブとマディin カリフォルニア」では以前から出演していた役がメインのキャラクターに昇格し、ダヴ・キャメロンら人気キャストと肩を並べて出演しています。

ディズニーチャンネル出演時から、目がクリッとしていて可愛い女の子だなあ・・・と注目していたのですが、やはり順調に活躍の場を広げてきました。これからますます綺麗になっていくローレンちゃんから目が離せそうにありません!!

 

☆カラマ・エプスタイン(ジェレミー役)

トンプソン家の長男ジェレミーを演じるのはカラマ・エプスタイン。ハワイ出身で2000年5月5日生まれの19歳です。

わずか1歳の頃からキャリアをスタートさせたカラマは「フォスター家の事情」や「ブログ犬スタン」などのドラマに小さな役で出演し、近年注目度が高くなってきている俳優さんです。今回の「ニックのいたずら」では主要となるキャラクターを演じていますので、これを足がかりにより大きな役を掴むようになるかもしれません。

 

海外の反応

ここからは「ニックのいたずら」に対する海外の反応を紹介していきたいと思います!

 

訳)家族と一緒に「ニックのいたずら」をもう一度見返したよ。そう、家族と一緒にね。このドラマは家族で一緒に鑑賞できる作品だよ。イッキ観して作品の素晴らしさを友達に伝えたりSNSで投稿しよう。みんなで番組に新たなシーズンをもたらそうじゃないか!

 

訳)「ニックのいたずら」のパート2を観終わったんだけどヤバかったよ。もう自分の感情をコントロールできないくらい!!この番組はまじで最高すぎるわ!!もっと続きが観たいよ!私の心は盗まれちゃったみたい。

 

訳)もしも「ニックのいたずら」のシーズン3を観たければリツイートして!私たちにはもっと「答え」が必要よ!!

 

訳)こんなに何かの番組を観て泣いたことはないよ。「ニックのいたずら」は本当に感動的で同時に心を痛めてしまうような作品だよ。それに様々な場面でそれぞれのキャラクターの心情を感じることができるよ。ストーリーはとっても素晴らしくて、この作品のキャストやスタッフを誇りに思うよ。

 

訳)「ニックのいたずら」は子供向けの作品だけど、完全に過小評価されてるよ。私はこのドラマが大好き。

※IMDbなど海外のレビューサイトでは、厳しめの評価が目立っています・・・!

 

訳)Netflixで「ニックのいたずら」のパート2が配信されたけど、きっとあなたは1日でイッキ観しちゃってパート3が配信されるのをじっと待ってるでしょうね・・・。この作品のキャストは本当に素晴らしいわ。

 

訳)「ニックのいたずら」のパート2を観終わったわ。もしも新しく観るべき作品を探しているなら、間違いなくこの作品を勧めるね。多分これは子供向けだけど、とっても楽しいし観る者の心をガッチリ掴んで離さない作品だわ。チャンスを与えてみて、きっと後悔はさせないわ。新たなシーズンが制作される必要もあるわね。

 

訳)これまで真剣に養子を受け入れ育てようなんて考えたことはなかったけど、「ニックのいたずら」を観て全てが変わってしまったよ。シンプルなドラマ作品がこんなにも大きなインパクトを自分に与えることになるなんて、今まで考えたことなかったよ。この作品はホンモノだよ。

 

訳)「ニックのいたずら」のパート1はものすごく楽しめたけど、パート2はこの作品にサスペンス要素に加え涙や愛を加えていたね。このドラマに関わった全ての人に感謝と賞賛の言葉を送りたいよ。新しいシーズンも制作して!

 

訳)もしも「ニックのいたずら」のパート2を観ていないなら、それはこれまでで最高の番組を見逃しているってことだよ。この作品はまるで感情のジェットコースターだよ。観る者の心をガッチリ掴むし、自分自身を見つめ直させてくれるような作品なんだ。ショーン・アスティンをはじめとするキャストは素晴らしかったね。ぜひ観るべきだよ!

 

いかがでしょうか・・・?

この圧倒的な絶賛の声の嵐!!

 

前述の通り、海外のレビューサイトなどを見るとこの作品は厳しい意見が多く寄せられており、あまり芳しくない評価が付いているのをよく見かけます。

 

でも、このように作品を視聴したファンたちはかなりの熱量を持って作品を支えており、レビューサイトで見た評価とは全く違うコメントを確認できました。

 

僕が考えるに、本作は本来子供向けの作品であることから、一部の視聴者から不当に低いレビューをつけられてしまっているよるような気がします。

大人向けの作品を期待している視聴者が拍子抜けしてしまうのは分からないでもありません。でも決して大人が楽しめない作品というわけではなく、家族モノのシットコムが好きだという方はハマる可能性大です。

 

興味を持った方はぜひ1話だけで視聴を終わらせるのではなく、シーズンを通して視聴してもらいたいです。

きっと、上記でご紹介した海外の方達のように熱狂的な作品のファンとなる人も出てくるのではないかと思います!

 

まとめ

さあ、そんなわけで本日は「ニックのいたずら」を取り上げてきました。

 

家族モノのシットコム作品が大好物な僕はすぐに気に入ってしまった作品です。

素敵なキャストやひねりの効いたストーリーに夢中になってしまう可能性大ですよ!!

(特に、パート2の第4話でニックの過去を描いたエピソードを観るとそれまで以上に物語に引き込まれていきます!)

 

ぜひ、新たなシーズンの制作が発表され少しでも多くのエピソードが観られることに期待したいです。

 

そして少し話はそれますが、、、

以前、以下のようなツイートをしたことがあったのですが、主人公ニックの日本語吹き替えを担当している声優のイブ優里安さんから「いいね」をいただいてしましました!!

 

イブ優里安さんをはじめとし、日本語版の声優を担当されているキャストの方たちの演技は間違いない仕上がりになっていますので、英語版だけではなく日本語版でもぜひ視聴してみてくださいね!

 

海外ドラマって日本語版で観ると、もはや日本語声優さんの声が本物の声だと錯覚してしまうほど愛着を感じることも珍しくないですよね。

今回もメリッサ・ジョーン・ハートの声は「サブリナ」や「メル&ジョー 好きなのはあなたでしょ?」と同じ石塚理恵さん、ショーン・アスティンの声も「ストレンジャー・シングス」と同じ坂詰貴之さんで安心感半端なかったです!(特に石塚さんはサブリナの頃の若いメリッサから、本作でのお母さん役を演じるメリッサまでずっと演じ続けているのですからすごいですよね!)

 

それでは本日の科学はここまで!

次回をお楽しみにー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です