【アマゾン】ザ・ボーイズを科学する【プライム】

皆さんはスーパーヒーローに憧れますか・・・?

 

どうも、ネロです。

 

MARVEL作品がヒット作を連発している昨今、まさに時代はスーパーヒーローブームを迎えていると言っても過言ではないでしょう!(僕の周りでも、アイアンマンとキャプテンアメリカのどちらがカッコ良いのかと言う議論が巻き起こっているほどのスーパーヒーローブームです。)

 

だがしかし!!!

本当にスーパーヒーローたちって、正義の心を持った品行方正な人たちなのでしょうか・・・?

 

なんだかんだ言ったってヒーローだって人間です。

きっと、自らのスーパーパワーに胡坐をかき堕落してしまったスーパーヒーローがいたっておかしくないではないですか!!

そしてそんなスーパーヒーローに立ち向かう何の力も持たない一般人がいたっておかしくはないのです!!

そんな物語こそが、今回ご紹介する「ザ・ボーイズ」なのでございます!!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

The new name of the game. #TheBoysTV

The Boysさん(@theboystv)がシェアした投稿 –

 

配信直後から大きな話題を呼んでいる本作ですが、保証します。

マジでめちゃくちゃ面白いです。

 

そんなわけで今回は、「ザ・ボーイズ」の概要や魅力、主要キャストや海外の反応をご紹介していきます。

 

それでは本日の科学スタートです!!

 

作品の概要と魅力

※予告動画はグロめなシーン含みますので視聴される際はご注意ください!

あらすじ

父親の経営する電気店で働くヒューイはどこにでもいる平凡な青年。しかし、そんなヒューイの恋人ロビンが自分がこれまで憧れていたスーパーヒーローの引き犯した事故によって殺されてしまいます。恋人が殺されたというのに、スーパーヒーローからは誠意ある謝罪は受けられず悶々とした思いを抱えるヒューイですが、そんな彼の元にスーパーヒーローへの復讐を持ちかける男が現れます。こうしてスーパーヒーローへの復讐に関わることになったヒューイは、欲と名声にまみれ腐敗しきったヒーローの真の姿を目の当たりにしていくのでした・・・!

 

同名のアメコミが原作となっているブラックコメディーに溢れた本作。

 

まず言っておきます。

本作はエロシーン・グロシーン有りのバリッバリのR指定作品です。

そして前述の通りスーパーヒーローたちは心の底から腐りきっている人もいますので、本当に胸糞悪いです。

ですが、、、めちゃくちゃ面白いんです。

 

僕が考える本作の魅力は以下の通りです。

  • 最高にハラハラドキドキするスーパーヒーローとの戦い
  • 個性や特徴がハッキリ!魅力溢れるキャラクターたち
  • 心の底から腐りきってるスーパーヒーローのあれこれ

 

まず一点目の「最高にハラハラドキドキするスーパーヒーローとの戦い」について。

スーパーヒーローたちは皆超人的な能力を持っており、とてもじゃありませんが普通の人間では太刀打ちできません。

 

ですが、そんなスーパーヒーローたちに、主人公ヒューイやその仲間となるブッチャーをはじめとする一般人の集団が頭を使ったり、弱みを握ったり、あの手この手で対抗するのです。

そんな様子が最高にエキサイティングで、思わず息を飲みながら夢中で作品に見入ってしまいます。

 

また、スーパーヒーローたちの間でも様々な思惑が行き来しており、一体誰が味方で誰が敵なのかは曖昧だったり・・・!

 

皆さんが今までに観たことのない最高の戦いがそこにはあるのです!!

 

続きまして、「個性や特徴がハッキリ!魅力溢れるキャラクターたち」について。

 

本作に登場するキャラクターは皆、性格や特徴がものすごく分かりやすいです。

何というか、どのキャラクターもキャラ立ちしてると思います。それにこれでもかってくらい人間味たっぷりに描かれています。笑

 

今までのヒーローと言えば、「正義と悪の狭間に揺れる」「自分の行いが正しいのか悩む」「ヒーローとしての生活と日常生活の両立に悩む」などが王道だったと思います。

でも本作ではヒーローとはいえ人間の汚い部分、言い換えるとリアルな部分を生々しく描いています。

そしてそういった描写はヒーロー以外のキャラクターも同様に描かれているのです。

 

だからこそ、各キャラクターの個性や特徴がはっきり分かって面白いですし、なんだか妙に親近感を覚える部分もあったり・・・!

 

Netflixの「アンブレラ・アカデミー」というヒーロードラマでは、家族に焦点を当てているのが新しくて面白いなあ・・・と感じましたが、今回ご紹介している「ザ・ボーイズ」では各キャラクターの生々しい描写に衝撃的な新しさを覚えました。(本当にすごい作品です・・・!)

 

お次の「心の底から腐りきってるスーパーヒーローのあれこれ」について。

 

セブンと呼ばれる7人のスーパーヒーローたちが登場する本作ですが、彼らはヴォート社いう企業に雇用されています。

その為ヒーローたちはヒーローらしく世界を救ったりする他に、企業に管理されて活動を行なっており、ヒーローたちを題材にした映画やテーマパークなどで巨額の富を得ているのです。

 

そんな中では欲にまみれ腐りきったヒーローもいれば、そんな状況に疑問を抱く者もいるのです。

 

この面白い設定があるからこそ、本作はヒーロー対復讐に燃える一般人に終始せず、ヴォート社のヒーローとそれを取り巻く人たちの人間模様が描かれる興味深いストーリーになっています。

 

キャスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Boys are in town! #SDCC @theboystv

Jack Quaidさん(@jack_quaid)がシェアした投稿 –

ここからは、主要なキャラクターを演じるキャストについてご紹介していきます!

 

☆ジャック・クエイド(ヒューイ役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

This good guy doesn’t finish last. He fights back.

The Boysさん(@theboystv)がシェアした投稿 –

早々に恋人を殺されてしまうヒューイを演じるのはジャック・クエイド。1992年4月24日生まれの27歳。父親はデニス・クエイド、母親はメグ・ライアンという超サラブレッドでございます。(言われてみるとどちらにもどことなく似ています)

選ばれし少年少女が生き残りをかけて殺しあう「ハンガー・ゲーム」にマーヴェル役で出演し華々しくデビューしたジャック。学生時代にはコメディーグループに所属していたこともあり、コメディ作品やコミカルな役柄を得意としている印象です。本作で演じるどことなく情けないヒューイはジャックにとって得意な役柄だったのかもしれません。

 

☆カール・アーバン(ビリー・ブッチャー役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Billy Butcher’s got a bone to pick with supes. And a few to break. #TheBoysTV

The Boysさん(@theboystv)がシェアした投稿 –

リーダー的存在のビリー・ブッチャーを演じるのはカール・アーバン。1972年6月7日生れの47歳です。

ニュージーランド出身のカールは、若い頃は地元ニュージーランドの作品でキャリアを重ねます。その後ハリウッドに進出し、「ロード・オブ・ザ・リング」のエオメル役、「スター・トレック」のレナード・マッコイ役を演じるなど、多くの有名作品に出演していることで知られる実力派俳優です。

また、本作とは対照的なヒーロー映画で知られるMCU(マーヴェル・シネティック・ユニバース)作品の一つ、「マイティソー バトルロイヤル」にスカージ役で出演していることでも知られています。(まあ、そちらで演じたスカージも決してヒーローってタイプの役柄ではありませんでしたが・・・笑)

 

☆トマー・カポン(フレンチー役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Frenchie’s the greatest friend you’ll ever have. Unless you’re a supe.

The Boysさん(@theboystv)がシェアした投稿 –

様々な知識を持ち交渉術などに長けたフレンチーを演じるのはトマー・カポン。イスラエル出身の俳優で1985年7月15日生まれの34歳です。

トマーは俳優としてはかなり異色の経歴の持ち主で、イスラエルの国防軍として2006年のレバノン戦争に参加した経験を持っているのです。26歳の頃に演技を学び始めたトマーは、その後順調にイスラエルで俳優としてのキャリアを築いていきます。アメリカ作品への出演は2018年からで、本作への出演をきっかけとして本格的にハリウッドスターになっていくことを予感させます。

 

☆ラズ・アロンソ(MM / マーヴィン役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mother’s Milk is the strongest muscle on the team: the heart. #TheBoysTV

The Boysさん(@theboystv)がシェアした投稿 –

刑務所の所長をしていたMM(マザーズ・ミルク)を演じるのはラズ・アロンソ。1974年3月25日生まれの45歳です。

日本ではあまり知名度の高い俳優さんではありませんが、社会現象にもなった3D映画「アバター」のツーテイ役をはじめ、数々の映画やドラマに出演している実力のあるベテラン俳優です。

本作ではブッチャーやフレンチーと一緒にかなり激しいアクションをしたかと思えば、一家の主としてパパのような一面も見せるコミカルな演技が可愛らしいです!笑

 

☆カレン・フクハラ(キミコ役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Female needs no weapons. She is one. #TheBoysTV

The Boysさん(@theboystv)がシェアした投稿 –

謎のアジア人女性キミコを演じるのはカレン・フクハラ(福原かれん)。日本人の両親を持つ日系アメリカ人で、1992年2月10日生まれの27歳です。

2014年頃にディズニーチャンネル内で放送されていたガレッジセールのゴリが出演する「世界のディズニーリゾートへGO」と番組があるのですが、当時その番組でアシスタント役を務めていた彼女。2016年になるとマーゴット・ロビーの素敵すぎるハーレイ・クインが話題になった「スーサイド・スクワッド」に日本刀を巧みに操るカタナ役で出演し、一気にハリウッド注目のアジア系女優の一人になります。

日本語と英語を流暢に話すことができ、更には空手を習っていた経験もあって運動神経も抜群な彼女。これからますます世界的なアジア人女優として名を馳せていきそうです。

 

☆アントニー・スター(ホームランダー役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Here’s some shots. Of heads. And arms. And smily teeth. Woop.

Antony Starrさん(@toni.starr)がシェアした投稿 –

スーパーヒーロー集団セブンのリーダーを務めるホームランダー役を演じるのはアントニー・スター。1975年10月25日生まれの43歳で、ビリー・ブッチャーを演じるカール・アーバンと同じニュージーランドの出身です。

地元ニュージーランドで俳優としての地位を築くと、2013年頃からアメリカ作品に進出。「BANSHEE」という4年間に渡って放送されたアクションドラマで主演を務めた他、「アメリカン・ゴシック 偽りの一族」でも主演を務めました。

こちらは前述の「BANSHEE」の予告動画。髪の色が暗く短いので雰囲気は違いますが、本作を視聴した僕にはサイコパスなホームランダーにしか見えません。笑

 

☆エリン・モリアーティ(アニー / スターライト役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Got that @andrea_tiller & @seijinyc glow-up ✨

Erin Moriartyさん(@erinelairmoriarty)がシェアした投稿 –

純粋な心を持つ新米セブンのスターライトことアニーを演じるのはエリン・モリアーティ。1994年7月24日生まれの25歳です。

2010年から女優としてのキャリアをスタートさせたエリンはNetflixのMARVELドラマ「ジェシカ・ジョーンズ」にホープ・シュロットマン役で出演していたことで知られています。近年は出演する作品では重要な役柄を演じることが多くなってきており、今後ブレイク間違いなしの注目若手女優です。僕が彼女を見て一目で恋に落ちたことは言うまでもありませんね!

 

☆ドミニク・マケリゴット(クイーン・メイヴ役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

❤️

Dominique McElligottさん(@itsdominiquemcelligott)がシェアした投稿 –

大人の美しさを醸し出すクイーン・メイヴを演じるのはアイルランド出身の女優ドミニク・マケリゴット。1986年3月5日生まれの33歳です。

Netflixの人気ドラマ「ハウス・オブ・カード」や本作と同じアマゾンプライムオリジナル作品「ラスト・タイクーン」への出演経験のあるドミニク。まさにここ数年で頭角を現してきた女優さんです。本作でドミニクが演じるクイーン・メイヴはでは暗い髪色ですが、普段は明るいブロンドの髪をしています。

若くて純粋なスターライトか、はたまた暗い影のある大人のクイーン・メイヴか。好みは分かれそうですね。

 

☆チェイス・クロフォード(ディープ役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Trying to figure out what @toni.starr is doing in the background at @amazonprimevideo TCAs. #theboys 📸: @iheartmaarten @tvguidemagazine

Chace Crawfordさん(@chacecrawford)がシェアした投稿 –

セブンの中ではどこか残念なディープを演じるのはチェイス・クロフォード。1985年7月18日生まれの34歳です。

日本でも人気となったセレブな青春ドラマ「ゴシップ・ガール」のネイト・アーチボルド役で知られるチェイスですが、ゴシップガール以降はあまりヒット作に恵まれなかった印象です。前述の通りディープはちょっと残念なヒーローだったりしますが、本作への出演は間違いなくチェイスのキャリアにはプラスになっていますね。

日本ではSNS上で「(野球の)イチローに似ている・・・!!」という声が多く聞かれますが、みなさんどう思いますか?笑

 

☆ジェシー・T・アッシャー(Aトレイン役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Now ever since I can remember I been poppin my collarrrrr 🕺🏾😂

Jessie T Usher Jrさん(@jessietusher)がシェアした投稿 –

お調子者のAトレインを演じるのはジェシー・T・アッシャー。1992年2月29日生まれの27歳です。

5歳の頃から芸能活動を始めたジェシーですが、若い頃にはディズニーチャンネルの人気作品「ハンナ・モンタナ」に端役で出演するなどして経験を積みます。その後NBAのスーパースター、レブロン・ジェームスが制作総指揮を務めた天才バスケットボールプレイヤーを題材にしたドラマ「Survivor’s Remorse」というドラマで主演を務めた他、大ヒット映画「インディペンデンス・デイ」の続編でリアム・ヘムズワースらと共演。最近だとNetflixで配信されたサミュエル・L・ジャクソン主演の「シャフト」という作品にも重要な役で出演しており、まさに人気急上昇中の旬な俳優です。

 

 

海外の反応

 

この投稿をInstagramで見る

 

Love these nerds. #theboystv 📷 @richterfit

Jack Quaidさん(@jack_quaid)がシェアした投稿 –

ここからは海外の反応をご紹介していきます。

配信直後から大きな話題を呼び、大手レビューサイトではかなり高い評価を集めている本作ですが、海外の人たちはどのように見ているのでしょうか?

 

訳)もしも君がアマゾンプライムの「ザ・ボーイズ」を観ていないなら、それは君が最高の人生を送れていないことを意味しているよ

 

訳)ついにテレビ業界は新たなジョフリーを見つけたようだ。

※ジョフリーとは世界的に大きな人気を集めたHBOのドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に登場する冷酷非道なサイコパス王子のことです。確かにこの画像も彼とジョフリーは少し似ているような気がしますね。笑

 

訳)きっと人気のある意見ではないと思うけど・・・。「ザ・ボーイズ」はMARVELがここ10年で手掛けたどの作品よりも優れているね。これまで長年観てきたスーパーヒーロー作品の中で一番面白いよ!

 

訳)「ザ・ボーイズ」はゲーム・オブ・スローンズのシーズン1〜6を観て以来だと最高の作品だ。みんな観るべき。

※ゲーム・オブ・スローンズは全部で8シーズンが制作されましたが、特にシーズン1〜6(若しくは7)までを評価する声が多いです。ちなみにシーズン8についてはファンから撮り直しが要求されてしまうほど不評でした。

 

訳)もしも「ザ・ボーイズ」をまだ観ていないなら、マジで最高の作品を見逃してるってことだよ。このドラマは愛すべきイカれた作品だよ。

 

訳)ワオ、ワオ、ワオ!「ザ・ボーイズ」はこれまで観た中で最高のドラマだよ!ダークで、面白くて、感情が動かされるんだ。もしもスーパーヒーローたちが本当に悪人で、わがままで、堕落していたらどうだろうね。カール・アーバンの演技はすごく良かったよ!

 

訳)「ザ・ボーイズ」のシーズン1を観終わったけど、アントニー・スターが演じるホームランダーがどれだけ素晴らしかったか考えずにはいられないよ。

 

訳)「ザ・ボーイズ」をもう一度観返してるよ。本当に素晴らしい作品で一度観るだけでは物足りないんだ。ホームランダーを演じるアントニー・スターは本当にすごかったよ。

 

訳)今やっていることを止めて今すぐに「ザ・ボーイズ」を観るんだ!このドラマは最高すぎる。シーズン2が待ちきれないよ!!!

 

訳)「ザ・ボーイズ」のシーズン1はマジで最高だったよ!ここ最近観た中でベストな作品だったね。スーパーヒーロー系の作品の中でもかなり興味深いよね。シーズン2が待ちきれないよ!カール・アーバン演じるブッチャーはこのシーズンのハイライトだね。なんてヤバい奴なんだ。

 

訳)2週間が経って、「ザ・ボーイズ」は既にアマゾンで最も観られた番組になったね。それにIMDbでもかなりの高評価を記録している。

※アマゾンスタジオ代表のジェニファー・サルケ氏が「『ザ・ボーイズ』の再生回数が、配信開始から2週間で私たちの予想を上回り、プライム・ビデオ利用者に最も視聴されたAmazonオリジナルドラマの1つとなったことを大変うれしく思う」と発表しています。jp.ign.com

※IMDbは海外の大手レビューサイトです。

 

いかがでしょうか・・・?この絶賛ぶり・・・!

レビューサイトでの評価が非常に高く、同様に世界的に人気を集めたゲーム・オブ・スローンズと比較するような声もチラホラ見受けられます。(ドラマの内容自体は全然違うけど)

 

また、ビリー・ブッチャーを演じたカール・アーバンや、ホームランダーを演じたアントニー・スターの演技については惜しみ無い賞賛の声がいくつもありました。

僕も、この二人の演技が素晴らしかった点については全く同意です。特にホームランダーは鳥肌が立つくらいでしたよ・・・!

 

また、MARVEL作品の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で監督を勤めているジェームズ・ガンも本作については「本当に素晴らしい」とツイッターで呟やいています。

 

※ドラマが配信されてすぐに酷評のレビューがいくつも投稿されており、その様子を本作の企画に関わるセス・ローゲンが呟きました。するとジェームズ・ガンが「俺はこの作品好きだぜ」とリプライ。その後本作の制作総指揮に名を連ねるエリック・クリプキが「ジェームズの作品にマジで影響受けたんすよ!!マジリスペクトっす!」的な反応し、それに対してジェームズは「いや、マジでザ・ボーイズ良いドラマだって!」と返すようなやり取りが行われていました。笑

 

まあとにかく海外の多くの方達も仰っている通り、本当にすごい作品なのでぜひ観てみてほしいです!

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Welp… back to it then. #theboys #season2 . . . @theboystv @tomerkappon @karenfukuhara @lazofficial #kripke

Jack Quaidさん(@jack_quaid)がシェアした投稿 –

さあ、そんなわけで本日は「ザ・ボーイズ」を科学してきました!

 

こんなに面白い本作なのでシーズン2はあるのかどうか気になってしまいますが、実はドラマの配信される前からシーズン2の制作は発表されておりました!(既に撮影もスタートしています!)

 

シーズン2の配信時期についてはまだ公式なアナウンスはありませんが、海外のニュースサイトを観ていると「人気が冷めやらない内に配信があるのではないか?」と予想する声もあり思ったより早く配信されるかもしれません。

 

まだ視聴していない方はぜひ、シーズン2の配信前にシーズン1を鑑賞しておいて欲しいところです!

 

それでは本日の科学はここまで!

次回をお楽しみにー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です