【Netflix】マイ・ブロックを科学する

学生時代は悪っぽい男の子がモテますよね・・・。(遠い目)

 

どうも、学生時代はただの陰キャラだったネロです。

 

今回取り上げる作品は「マイ・ブロック」。

 

 

日本ではあまり人気・知名度ともにそれほど高い作品ではないような気もしますが、実は2018年にNetflixで最もイッキ見された作品として知られています。

 

LAのスラム街に住むラテン系の少年少女たちを描いたこの作品。

前述の通り学生時代に陰キャラだった僕は、どうせスラム街に住むアウトローなカッコ良い奴らが出てくるドラマなんだろ?(半ギレ)と思っていたのですが、僕のような陰キャラも登場するクールなドラマだったのです!!

 

そんなわけで今回は、本作の概要やキャスト、さらには海外の反応をいつものようにまとめていきます!

 

それでは本日の科学、スタートです!!

 

「マイ・ブロック」って?

あらすじ

ロサンゼルスのスラム地区で暮らす4人の高校生の日常を描いた青春ドラマ。恋や友情、家族との関係、そして治安の悪いスラム地区ならではのトラブルをリアルに、そしてコメディーを交えながら描いています。彼らが思い悩み成長していく姿に、視聴者は心打たれてしまうこと間違いなしです!

 

スラム街で暮らす若者たちの姿を描いた作品は数多くあると思いますが、この作品はそれらの作品とは大きく異なっているように思います。

 

スラム街の若者を描いた作品となると、銃やドラッグなんかが出てくるアウトローな雰囲気のものが多いのですが、この作品はものすごく等身大な若者の姿を描いているんですよね。

 

等身大な若者の姿を描いているので、普通に恋もすれば、普通に友達と喧嘩もしますし、普通に家族関係で悩んだりもします。

スラム街を舞台にした作品ではこういう「普通」を目にするのは新鮮でした。

 

それに、この作品の主要人物4人の内2人はいわゆるイケテないオタクです。

「イケテないオタクたちの日常+スラム街」という組み合わせもまた非常に新鮮です。

 

また、ドラマの中には「グーニーズ的な冒険要素」も含まれています。

基本的に本作は一話完結って感じですが、主要キャラの1人であるジャマルが過去の犯罪事件の謎と隠された大金を探そうとするストーリーは、思わず続きが気になってしまいます!

 

スラム街ならではアウトローな感じにオタクの日常や冒険要素が良い感じでミックスされており、「マイ・ブロック」はまさにこれまでになかったような唯一無二の作品となっているわけです!!

 

キャスト

 

View this post on Instagram

 

Today is me appreciating you guys #onmyblock

Jason Genaoさん(@jason.genao)がシェアした投稿 –

さあ、ここからは「マイ・ブロック」に出演する主要なキャストについて紹介していきます!

 

☆ディエゴ・ティノコ(シーザー役)

 

View this post on Instagram

 

Diego Tinocoさん(@diegotinoco)がシェアした投稿

本作のモテ男シーザーを演じるのはディエゴ・ティノコ。1997年11月25日生まれの21歳です。

本作ではラテン系の役を演じているディエゴですが、実際もメキシコ人の父とコロンビア人の母を持つバリバリのラテン系アメリカ人です。レオナルド・ディカプリオに憧れて16歳で演技のキャリアをスタートさせた彼。俳優としての夢を追うためにロサンゼルスに移住し他のですが、当時付き合っていた地元のガールフレンドとは演役者の夢を追うために別れたという噂です。

本作でシーザーを演じる以前はショートフィルムや、若者に人気の高かった「ティーン・ウルフ」というドラマにゲスト出演をしていたディエゴ。まさに本作のシーザー役で本格的にブレイクした俳優さんですね。

身長は170センチとあまり高くはありませんが、それでも野性味のあるワイルド系のイケメンで今後ますますのブレイクが期待されます!

 

☆シエラ・カプリ(モンセ役)

 

View this post on Instagram

 

Mila K. eyes

Sierra Capriさん(@thesierracapri)がシェアした投稿 –

1998年9月8日生まれの20歳です。

シエラの両親は幼い頃に離婚しており、シングルマザーの母の元で3人の男兄弟と一緒に育ちました。彼女はいつも科学捜査官(海外ドラマで出てくるような捜査官ですかね?)になることを夢見ていたようで、演技の世界に飛び込むとは考えていませんでした。そんな彼女が女優としてのキャリアを踏み出すきっかけになったのは大学生の頃。大学では生物学を学んでいたシエラですが、3年生で大学を辞め演技の道を歩み始めます。2016年にはアカデミー賞にノミネートされた作品「ドリーム」にエキストラとして出演し、2018年に「マイ・ブロック」に出演することになりました。

本格的に演技を学んだことはないというシエラですが、本作では見事な演技を見せてくれています。両親が離婚していたという環境で育ったからか、スターとなった今でもシエラは努力家で地に足がついていると言われています。これからますます素敵な女優になっていきそうです!

 

☆ジェイソン・ジェナオ(ルビー役)

 

View this post on Instagram

 

Jason Genaoさん(@jason.genao)がシェアした投稿 –

とっても童顔で幼く見えるルビー役を演じているのはジェイソン・ジェナオ。1996年7月3日生まれの22歳です。(見えない!)

ドミニカ系アメリカ人のジェイソンは学生時代から演技への情熱を持っており、学校の演劇などに参加していました。しかし、仕事として演技に取り組むことは無理だと考えており、カメラの前に立つことはありませんでした。しかし、フランス映画を見て影響を受けたことや家族のサポートを得て演技を学ぶための学校に通うようになった16歳の頃から、本格的に役者を目指すようになります。「マイ・ブロック」出演以前にもNetflix作品の「ゲット・ダウン」などに出演して徐々に注目を集め、本作で本格的にブレイクすることになりました。

身長は156センチということで、かなり個性的な俳優とも言えるジェイソン。本作以外では今後どんな役を演じるのか非常に気になってしまう役者さんです!

 

☆ブレット・グレー(ジャマル役)

 

View this post on Instagram

 

22 #easydaze

Brett Grayさん(@iambrettgray)がシェアした投稿 –

変わり者のジャマルを演じているのはブレット・グレイ。1997年1月13日生まれの22歳です。

6歳の頃から学校で演劇を行なっていたブレット。もともとはシャイな性格であまり友達も多くなかったそうですが、演技を通じて学校のみんなから「ブレットって面白いね!」と言われ友人が増えていったそうです。そんな経緯もあってブレットは本格的に演技をしたいと考えた彼は、7歳の頃に本格的な演技のキャリアをスタートさせました。映像作品のみならず舞台へも出演し徐々に活躍の場を広げていったブレットですが、「マイ・ブロック」への出演で大きく知名度を上げることになりました。本作のオーディションを受けていた際には、今までコメディー作品を演じたことがなく自信がなかったと本人は語っていますが、ジャマル役はブレットしかいないと思ってしまうくらいハマり役ですよね!

ミュージカルの舞台に出演した経験もあり、音楽活動も行なっているブレット。非常に甘い歌声を持つ彼なので、音楽でも成功を収めて欲しいです!

 

☆ジェシカ・ガーシア(ジャスミン役)

 

View this post on Instagram

 

さん(@jess_m_garcia)がシェアした投稿 –

初回登場時からウザさがハンパないジャスミンを演じているのはジェシカ・ガーシア。1987年3月23日生まれの32歳なので、他のキャストと比べて年齢は高めですね。(まあ、確かに高校生には見えない。笑)

ジェシカはディズニーチャンネルで放送され人気を博したドラマ「うわさのツインズ リブとマディ」にウィロー役で出演していたので、個人的には非常に馴染みがある女優さんです。(こちらでもリブとマディの弟ジョーイに強く想いを寄せるコメディ色の強い役柄でした。笑)

ジェシカが本作で演じるジャスミンは、シーズン2でシーズン1以上に存在感が増しています。シーズン1でジャスミンはウザい!と思っていた方はぜひシーズン2を鑑賞してほしいです!!

 

海外の反応

 

View this post on Instagram

 

Diego Tinocoさん(@diegotinoco)がシェアした投稿

ここからは海外の反応をチェックしていきたいと思います!

日本以上に海外で人気の高い印象を受ける本作ですが、海外の人たちはどのようにこの作品を見たのでしょうか・・・!?

 

訳)「マイ・ブロック」はこれまでで最高の番組だよ。Netflixは良い仕事をしたね。

 

訳)「マイ・ブロック」を2回も観たよ。この番組は良すぎる!

 

訳)「マイ・ブロック」の最終話観たときの私。

※シーズン1のエンディングはかなり衝撃的な終わり方だったので、それを表現したものですね。

 

訳)シーザーとモンセがキスしたり、ハグしたり、触れ合ったり、見つめあってるときの私。

 

訳)彼女(ジャスミン)はシーズン1だと滑稽だったけど、シーズン2の3つのエピソードだけで彼女への私の愛は確かなものになったわ。彼女の生き方や彼女の家庭での振る舞いはよくやっているし、それらの要素はジャスミンをとても素敵なキャラクターにしているね。

※マジでシーズン2のジャスミンは熱いです!笑

 

訳)みんな、スプーキーはマジでセクシーだよ。

※シーザーの兄スプーキーを演じるフリオ・マシアス。危ない感じで最高にセクシーなので、ツイッター上でも人気が高そうでした。

 

訳)「マイ・ブロック」が今トレンドになってる!この番組は多くの人が観るのに値するね!今年一番のドラマだよ!

※シーズン1の配信が始まって2週間後くらいにツイートされたものです。

 

訳)みんなNetflixの「マイブロック」を応援して!この番組は今とても非常に必要とされている番組だよ。このドラマでは銃やギャングの抗争、移民など今のアメリカのキッズが向き合わなければいけないトピックを扱っているんだ。このドラマは重要だよ!

 

訳)みんな是非Netflixの「マイ・ブロック」を観て!絶対に観てがっかりはしないと約束するよ。LAに住むラテン系を描いていて、とても胸に響くものがあるの。セカンドシーズンが作られるに値するね。

※シーズン1の配信開始から約1ヶ月でセカンドシーズンは発表されました。

 

訳)「マイ・ブロック」はマジで今まで観てきた中で最高なドラマの一つだよ。すぐに私の心を捉えて、涙も流したよ。是非観てみて!

 

訳)「マイ・ブロック」はこれまで観た中でベストな番組だよ。イッキ観せずにはいられないね。僕はもう24時間で3回も通しで観ちゃった。完全に夢中になってるよ。

 

まとめ

 

View this post on Instagram

 

squad appreciation post

Netflix USさん(@netflix)がシェアした投稿 –

そんなわけで今回は「マイ・ブロック」を取り上げてきました!

 

日本人からすると、アメリカに住むラテン系っていうのはあまり馴染みがないですが、2010年に行われたアメリカの国勢調査によると5000万人を超えるスペイン語話者がアメリカには在住しているそうです。(これは当時のアメリカの人口の16.3パーセントを占めています。)

 

また、このドラマで取り上げる人種や銃の問題というのはアメリカではよくニュースになるトピックなので、この作品がいかにアメリカ人にとって身近に感じるものかということが分かりますね。

 

単純に作品が面白いというのもありますが、こういった要素もこの作品が2018年に最もアメリカでイッキ観された要因の一つなのではないかと思います。

 

すでに何度か書いていますが、日本ではあまり人気がある印象を受けない本作なのですが、ドラマの面白さは折り紙付きなので今後じわじわと人気に火がついていくのではないかと予想します。

(先日(2019年3月29日)に配信されたシーズン2を鑑賞しましたが、こちらもシーズン1に引き続き面白い内容になっていました。それに、続きがとっても気になる終わり方をしていたのでシーズン3にも期待がかかります・・・!!)

 

とにかく僕が何を言いたいのかといいますと、まだ観たことがないという方にはぜひぜひ鑑賞してもらいたいということです!笑

そんな雑なメッセージを届けたところで本日の科学はここまでにしましょう!

それでは次回をお楽しみにー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です