【動画配信】ディズニーデラックスを科学する【サービス】

ディズニーが、ついに動画配信サービスをスタートさせました・・・!!

 

どうも、動画配信サービスに取り憑かれた男、ネロです。

 

本日はディズニーがドコモと協力する形でスタートさせた動画配信サービス、「ディズニーデラックス」を取り上げていきたいと思います。

 

Netflixやアマゾンプライムビデオなどに加えて、iPhoneでお馴染みのアップルが動画配信サービス事業に参入を発表するなど、まさに動画配信サービスが乱立する今日この頃。

 

そんな動画配信サービス戦国時代にスタートした「ディズニーデラックス」ですが、一体どんなサービスなのか気になっている方も多いかと思います。

 

そんなわけで今回は、「ディズニーデラックスがどんな動画配信サービスなのか」、「どんな人が契約すべきなのか」、そして「僕の考えるディズニーデラックスの評価」を書いていきたいと思います!

 

それでは本日の科学、スタートです!

 

ディズニーデラックスってなに?

それではまず、「ディズニーデラックス」とはそもそもなんなのかを簡単にご紹介していきましょう。

 

ディズニーデラックスとは、ディズニーがNTTドコモと協力する形でスタートさせた動画配信サービス。

月額700円でディズニー、ピクサー、スターウォーズ、マーベルの4ブランドの映像コンテンツが見放題となります。

 

視聴できる動画のラインナップには大きく分けて4種類。

 

  1. ディズニー作品
  2. ピクサー作品
  3. マーベル作品
  4. スター・ウォーズシリーズ

 

※視聴できる作品のラインナップ詳細はこちらから確認できます。www.disney.co.jp

 

ちなみに、、、最近ディズニーが正式に21世紀FOXを買収したというアナウンスも出ましたが、その恩恵は今の所ディズニーデラックスでは受けられないようです。

 

それでは視聴可能なラインナップについて簡単に解説していきます!

 

☆ディズニー&ピクサー作品

ディズニーとピクサー作品については、かなり強力なラインナップになっています。

 

「アナと雪の女王」、「塔の上のラプンツェル」、「シュガーラッシュ」、「カーズ」、「ズートピア」・・・

比較的新しい「リメンバー・ミー」やディズニープリンセス系も大体網羅されていますし、かなり充実のラインナップと言えるでしょう。実写作品を見ても、「シンデレラ」、「マレフィセント」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」など人気作品が揃っています。

 

日本ではこれまでディズニー作品を動画配信サービスで視聴できなかったので、かなり魅力的だと言えると思います。

 

そして、このブログを観てくださっている方はディズニー作品と聞くと「ディズニーチャンネル作品も?」と思っているかもしれません。結論から言いますと、ディズニーチャンネル作品も数は視聴可能です。

 

現在のラインナップはあまり多くはありませんが、ここ数年の人気作品はとりあえず視聴可能だなという印象です。

この他にも、「ディセンダント」や「ハイスクールミュージカル」、「ハンナモンタナ」などの人気作品が視聴可能です。

 

また、「ガールミーツワールド」などのドラマは配信している話数が多いのも特筆すべき点です。(ガールミーツワールドはシーズン1とシーズン2のエピソードが全て視聴可能。)

ディズニーパスTV(こちらはauのサービス)というアプリでもディズニーチャンネル作品を視聴することはできますが、ディズニーパスTVは視聴できるエピソード数が少ないので、この点についてはディズニーデラックスの強みだと思います。

www.disney.co.jp

 

一方でディズニーパスTVはリアルタイムでディズニーチャンネルを視聴できることや、各ドラマやアニメの最新エピソードをチェックできるのが強み。

ディズニーデラックスとディズニーパスTVのどちらが良いのかは人によって変わってくるかと思います。

 

☆マーベル作品

マーベル作品もこれまで動画配信サービスで視聴できなかった作品が多く、ファンには堪らないラインナップになっています。

 

マーベルシリーズは本当にたくさんの作品があるので、全てをBlu-rayやDVDで揃えようと思うとなかなか大変なので、こういった動画配信サービスでまとめて視聴できるようになるのはファンにとってもありがたいですよね。

 

ただ、僕個人の意見を書かせてもらうと配信作品をみて「あれ?」と思ってしまいました。

僕はディズニーの動画配信サービスが始まったら、マーベル作品を時系列順にイッキ観するぞ!と意気込んでいたのですが、地味に抜けてる作品があるんですよね。(現時点だと「アイアンマン」や「インクレディブル・ハルク」などが配信されていません。「キャプテン・マーベル」や「アベンジャーズ エンドゲーム」などの新しい作品は配信されていなくても仕方ないですが。)

せっかくならちゃんと最新作以外は全て揃えて欲しかったです・・・!

 

それでも現在マーベル作品が観れるのはこのディズニーデラックスだけなので、それだけでも非常にありがたい存在であることは間違い無いです。

 

☆スター・ウォーズ作品

スターウォーズについては非常に満足のいくラインナップになっているのではないかと思います。

 

記事執筆現在は「ハン・ソロ / スター・ウォーズ・ストーリー」に加え、「スター・ウォーズ / 最後のジェダイ」(エピソード8)など最新作もしっかり配信されています。(もちろんローグワンとエピソード1〜7も視聴可能です。)

 

さらにファンとして嬉しいのはスターウォーズのアニメ作品も視聴できる点です。

僕のように実写の映画は全て観ているけどアニメはあまり観たことは無いという方はきっと多いはず。(これまでアニメ作品は視聴方法が非常に限られていましたからね・・・!)

 

スターウォーズに詳しい僕の友人曰く「アニメ作品はスターウォーズの物語をより詳細に描いており、スターウォーズシリーズの理解を深める為にはマストウォッチなもの」になっているとのことです。

 

2019年の末に公開となるエピソード9を観る前に、ディズニーデラックスで一気にシリーズを視聴するのもありなのでは無いでしょうか!

 

☆その他

その他にも、一応ディズニーデラックスのオリジナル番組も配信されています。

Sexy Zoneの中島健人がMCを務め、麒麟の川島が天の声を担当し、初回放送ではますだおかだの岡田、、森口博子、阿佐ヶ谷姉妹など地味に豪華な出演者がディズニーに関するクイズに挑戦していました。(ディズニーファンには嬉しい番組でしたよ!)

 

また、ディズニーデラックスに入会すると、付随して「Disney DX」「Marvel DX」「Star Wars DX」というアプリも使用することが可能になります。

これらのアプリでオリジナルの情報やコラムを楽しむことができるので、ファンとしてはちょっと嬉しいサービスになっています。

 

どんな人が入会すべき・・・?

ディズニーデラックスの概要がわかったところで、ここからは僕が考えるディズニーデラックスに入るべきユーザーはどんな人なのかを書いていきたいと思います。

 

  1. ラインナップの中に観たい作品が二つ以上ある人
  2. 子供にディズニー作品を観せたい親御さん
  3. スターウォーズやマーベル作品の復習をしたい人

 

個人的には上記3種類の方なんかがディズニーデラックスの加入に向いているんじゃないかと思います。

 

1. ラインナップの中に観たい作品が二つ以上ある人

ディズニーデラックスの月額料金は700円です。

 

一方でネットのオンデマンドサービスで映画をレンタルすると、大体一作あたり300円くらいだと思います。

それを考えると、700円という月額料金はディズニーデラックスで2〜3作品以上視聴すれば元を取れるということになりますね。

 

そういうわけでシンプルに、コスパを考えると2作品以上の作品を観たらお得になるというわけです。

 

2. 子供にディズニー作品を観せたい親御さん

ディズニー作品に限らず、マーベルやスターウォーズを観せたいという親御さんでも良いのですが、、、子供に手っ取り早くこれらの作品を観せてあげられるのはディズニーデラックスだけですね。

 

多分子供にディズニー作品を観せてあげたい親御さんって多いと思うんですよ。

 

デイズニー作品はどれも夢を追いかけることの大切さなど、子供に伝えたいメッセージが含まれています。

そんな作品を観て良い子に育って欲しいな、と思っている人はきっと僕だけではないはず!(まあ、僕は子供いませんが。ていくか結婚もしていませんが。もっと言ったら相手見つけなきゃですが・・・涙)

 

それに、長期休みでお子さんが暇している・・・なんて時にもディズニーデラックスを観せてあげると良い暇つぶしになるかもしれませんね。

 

ディズニーチャンネル作品も配信されているディズニーデラックスは、お子さんが楽しめる番組が結構ありますよ!

大人が観ても面白いと思える作品が多いのもディズニー作品の特徴なので、お子さんと一緒に鑑賞会でエンジョイしちゃうのもありかも!(「ラプンツェル ザ・シリーズ」、「フィニアスとファーブ」、「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」あたりは大人が観ても十分面白いのでおすすめ!)

 

3.スターウォーズやマーベル作品の復習をしたい人

スターウォーズやマーベル作品は今後も新作が作られていきます。

新作を観る前に、過去作品の復習をしたい!という方にとってディズニーデラックスはぴったりなのではないでしょうか。

 

また、今までスターウォーズやマーベルは観たことがないけど、今度の新作は観てみようと思う!なんて方にとっても過去作品をまとめて観れるというのは非常にありがたいはず。(というか、むしろ過去作品を観れる環境をしっかり整えていないと一見さん御断り的なシリーズになってしまいますよね・・・!)

 

ディズニーデラックスの評価

色々とディズニーデラックスについて割とポジティブに書いてきましたが、正直なところ僕のディズニーデラックスに対する評価は低めです。

 

だって、ラインナップ数が少なすぎるんですよね・・・。

競合となるNetflixやアマゾンプライムビデオと比べてラインナップ数が少ないのは明らかで、オリジナルコンテンツも現状クイズ番組一つだけで物足りなさを感じてしまいます。

 

やっぱりディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズという括りだと作品数は限られてしまいますよね。まあ、作品数が少なくてもこれらのコンテンツが強力な魅力を持っていることは間違い無いんですが・・・。

 

それに、ディズニーは世界的に2019年後半に「ディズニー+」という動画配信サービスをスタートさせると発表しているのに、今回のようなディズニーデラックスが登場したことも「?」となってしまいます。

 

2019年3月7日にウォルト・ディズニー・ジャパンとドコモが行なった発表会では、上記のような質疑応答が行われたようです。

今後ディズニー+が日本でもスタートしたら、ディズニーデラックスがどうなっていくのかなど現在は不透明です。

 

ディズニー+ではディズニーの既存コンテンツ配信(おそらく21世紀フォックス作品も含む)に加え、様々なオリジナルコンテンツも配信されていきます。

そのオリジナルコンテンツというのが、「わんわん物語」の実写版、「ピーターパン」の実写版、「ハイスクールミュージカル」の新ドラマシリーズ、「天使にラブソングを」の続編、「モンスターズ・インク」のアニメシリーズ、「スターウォーズ」の新ドラマシリーズ、マーベルのヴィランであるロキを主人公にした新ドラマシリーズなどなど・・・

もうとにかく強力すぎるオリジナルコンテンツを揃えてくるわけなんですよ!!(それで値段は月額1000円くらいなのではないかと言われています。)

 

それを考えると、みんなディズニーデラックスではなくディズニー+を契約することになると思うので、ディズニーデラックスの存在意義は謎になってしまいますよね。

だからと言って、こっちのコンテンツはディズニーデラックスでしか見れない、あっちのコンテンツはディズニー+でしか見れないということが起きると、ユーザーにとって非常に不親切な状況になります。

 

最終的にはディズニー+に統合し、一つのサービスでユーザーがディズニーの持つコンテンツを存分に楽しめるような環境をぜひ作って欲しいところです。(ディズニーデラックスは日本での視聴データ収集などに役立ててもらい、ディズニー+をスタートさせるにあたってより快適に動画を視聴できる環境作りやコンテンツ作りに活かして欲しいです。)

 

まとめ

 

View this post on Instagram

 

“My friends are my power!” Join @mickeymouse, Donald, Goofy and more favorites in Kingdom Hearts III.

Disneyさん(@disney)がシェアした投稿 –

そんなわけで今回はディズニーデラックスを取り上げてきました。

 

前述の通り、僕個人の意見としてはディズニーデラックスに物足りなさを感じてしまいます。

それでもやっぱり、繰り返しになりますが「ディズニー」「ピクサー」「マーベル」「スターウォーズ」というコンテンツはめちゃくちゃ魅力的です。

 

初回登録時は31日間無料で使用できますので、まずは試しに使ってみるのが良いと思います。

それに、ディズニー+のサービスがスタートするまでの繋ぎとして使うのも全然アリですね!

 

ディズニーデラックスだけではなく、今は様々な動画配信サービスが存在する時代なので、自分に合ったサービスを自分に合った使い方で快適に使用して欲しいところです!

 

それでは本日の科学はここまで!

次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です