【Netflix】トールガールを科学する

僕もその昔、自分より背の高い女の子を好きになったことがありました・・・。

 

どうも、ネロです。

 

皆さんにとって理想の身長は何センチでしょうか?

男性なら180センチ、女性なら163センチぐらいが理想の身長ってところでしょうか。

 

今回取り上げていく作品の主人公は身長187センチの女の子

タイトルもその名の通り「トールガール」!(直訳で「背の高い女の子」ですね)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Installe-toi bien dans ton siège et allonge tes jambes : le film Tall Girl est disponible !

Netflix Franceさん(@netflixfr)がシェアした投稿 –

 

サブリナ・カーペンターやパリ・ベレルクなど人気急上昇中の人気キャストも出演陣に名を連ねたこの作品。

とっても素敵な青春映画で思わず多くの人に勧めたくなるような作品だったのです!!

 

そんなわけで今回は「トールガール」の概要とキャストの紹介、海外の反応、そして僕の感想(ネタバレあり)をご紹介していきたいと思います。

 

それでは本日の科学、スタートです!!

 

作品の概要とキャスト

あらすじ 

身長187センチのジョディは自分の背が高すぎることがコンプレックス。学校でも周囲から背が高いことを理由にいじめを受けたり、からかわれてしまい自分に自信を持つことができません。しかしそんなジョディの目の前に現れたのはスウェーデンからやって来た交換留学生で超絶イケメンのスティグ。そんなスティグのことが気になったジョディは、美人な姉のハーパーの協力を受けながら少しずつ変わっていきます・・・!

 

☆エヴァ・ミッシェル(ジョディ役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

400k of you?!!! what guys?! this is insane… i could never have dreamt of having so many people support me, and i am thanking you from the bottom of my heart for your love! it means the world to me ❤️ my biggest goal in life is to make a positive impact on the world, in any way! and thank you to social media for giving me a platform to try to do so! this truly should be a positive, loving , supporting space for us all, so let’s all work together to make it that way! we are all beautiful, we all have such unique lives and stories, let’s share them and not feel that we constantly need to be “perfect” (cuz that’s not a thinggg lol) please know i am always here for you and love you all xx

A V Aさん(@ava.michelle)がシェアした投稿 –

主人公のジョディを演じるのはエヴァ・ミッシェル。2002年4月10日生まれの17歳です。

元々はダンサーを目指しており、「Dance Moms」というダンサーを目指す子供達に焦点を当てたリアリティー番組や「So You Think You Can Dance」というダンスのオーディション番組に出演した経験を持っています。2018年からは女優としてのキャリアをスタートさせていますが、今後ダンスの経験を活かした役柄を演じていくことも期待できるかもしれません。(余談ですが、ばっちりメイクするとブレイク・ライブリーに似ているような気がするのは僕だけでしょうか・・・?笑)

 

☆ルーク・アイズナー(スティグ役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Call your mom!

Luke Eisnerさん(@lukeeisnerofficial)がシェアした投稿 –

スウェーデンからやって来たイケメンすぎる交換留学生スティグを演じたのはルーク・アイズナー。1996年8月1日生まれの23歳です。

DJをやっていたいとこの影響を受け、13歳の頃には自らLuke Erisner DJ and Lightingという会社を設立し結婚式でのDJを行なっていたルーク。その功績が評価されウィスコンシン州の若い起業家に与えられる賞を受賞したという異例の経歴の持ち主です。また、その経験からモデルや俳優としての活動と並行してVOILÀというポップロックデュオとしても音楽活動を行なっています。俳優として大きな役を演じるのは「トールガール」が初めてのルークですが、これだけイケメンの彼なので今後活動活躍の場をどんどん広げていくのではないかと思います。このブログでも動向を追っていきたい注目の若手俳優です!

 

☆グリフィン・グラック(ジャック役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Listen up and listen good. @modelcitizensvote and I are here to encourage you to go vote for Democratic candidates for Congress this coming Tuesday, November 6th. Now y’all know I don’t usually post stuff like this but lemme explain. If you haven’t noticed, Trumps got a lil bit of a super destructive agenda. Simply put, a Democratic Congress can keep Trump in check until 2020, where we get that angry creamsicle out of office. Let me be clear for those of you that don’t agree… Idrc. I still encourage you to vote. (just a friendly reminder that thousands died for you to have the opportunity to make your voice heard, and VOTE. (no pressure))

グリッフインさん(@griffingluck)がシェアした投稿 –

ジョディの幼馴染で彼女に恋してる背の小さな男の子ジャックを演じたのはグリフィン・グラック・2000年8月24日生まれの19歳です。

父親は映画監督、母親は制作アシスタントという映画一家に生まれたグリフィン。そんな家族の影響もあってかなり幼い頃から俳優としてのキャリアをスタートさせています。そんなグリフィンがブレイクするきっかけとなったのはアダム・サンドラーやジェニファー・アニストンとの共演となった「嘘つきは結婚のはじまり」への出演でした。この作品で知名度を高め、近年は映画やドラマで重要な役を演じることが増えています。また、トールガールの中でグリフィンが日本語を話すシーンがありましたが、実は彼のお祖母さんは日系人なんです!(日本のルーツを持っていることもあってか、グリフィンのインスタグラムのプロフィール欄には日本語で「グリッフイン」と書いてありました。)

 

☆サブリナ・カーペンター(ハーパー役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sabrina Carpenterさん(@sabrinacarpenter)がシェアした投稿

ジョディの姉ハーパーを演じたのはサブリナ・カーペンター。1999年5月11日生まれの20歳です。

「未来のマイリー・サイラスを探せ!」的なオーディションで第3位となったことをきっかけに業界入りし、ディズニーチャンネルの「ガール・ミーツ・ワールド」で主人公の親友役を演じて本格的にブレイク。現在は音楽活動にも力を注いでおり、2019年には東名阪で単独公演を果たしたほか、サマーソニックにも出演するなど若い女の子を中心に日本でも大人気の女優・アーティストです。

 

☆パリ・ベレルク(リズ役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

sweet little p #euphoria11

Paris Berelcさん(@theparisberelc)がシェアした投稿 –

ジョディに意地悪なキミーの友人リズを演じるのはパリ・ベレルク。1998年12月29日生まれの20歳です。

幼い頃からモデルとしても活躍してパリは「Mighty Med」や「インビジブル・シスター」などのディズニーチャンネル系列の作品に出演して知名度を高めます。近年ではNetflixのドラマ「アレクサ&ケイティ」で白血病になった女の子アレクサを演じており、着実に人気・実力を高めている注目の若手女優です!(アレクサ&ケイティは友情や家族の絆を描いた傑作シットコムなのでこちらも非常におすすめです!)

 

☆クララ・ウィルシー(キミー役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

MORE 👏 HAIR 👏 MORE 👏 HAIR 👏 MUA: @leahbaines_mua Hair: @natalieannehair using @showponyhairextensions

Clara Wilsey ~ ClayClayさん(@clarawilsey)がシェアした投稿 –

ジョディに意地悪なキミーを演じたのはクララ・ウィルシー。1997年9月18日生まれの21歳です。

とってもゴージャスなルックスのクララですが、元々はモデルとして活動しておりGQなどに登場していました。これまでに女優として活動した経験はほとんどなかった彼女ですが、本作で演じるキミー役では見事にいじめっ子女子を演じていました。とっても美人なクララなので、今後も女優としての活躍する姿を期待したいです!

 

海外の反応

 

この投稿をInstagramで見る

 

hey soul sister 🖤

A V Aさん(@ava.michelle)がシェアした投稿 –

 

 

訳)なんて美しい映画なのかしら。

 

 

訳)Netflixのトールガールはすごく共感できるし面白いわ!

 

訳)トールガールはとっても素晴らしい映画でエンディングがすごい好き!!

 

訳)ルーク・アイズナーの笑顔素敵すぎる。私溶けそう。

 

訳)ハーパーはNetflixのロマコメ作品の中でベストなキャラクターだよ!面白くて、可愛くて、思いやりがあって、かっこよくて、自信があって、本当に最高なお姉ちゃんだよ!

 

訳)ハーパー最高!!

 

訳)みんなジョディのお姉ちゃんのあるセリフと表情を見る為にトールガールを観るべきだよ。

 

訳)トールガール本当に大好き!テレビの前で応援したくなっちゃうポイントがたくさんあったわ。それにあの最後にシーン!!もう死んじゃいそうだったわ。素敵な映画!

 

訳)トールガールをちょうど観終わったわ。私は16歳の頃すでに6.2フィート(189センチ)あったんだけど、その頃にこの作品を観ていたら99%のクラスメイトより背が大きいことに対して気持ちがずっと楽になっていただろうな。小さなことだけど、何かは変わっていたかもしれないわ。

 

訳)Netflixのトールガールはとっても元気をもらえる映画で最高だったよ。みんなに1時間42分間をこの映画に捧げて楽しむことをオススメします!

 

訳)トールガールが伝えてくれるメッセージがすごく良かったわ。誰だって大きさは違えど悩みは持っているものよね。すぐに忘れちゃうようなキャラクターに想像できる展開で脚本は少し弱いような気もするけど、とても心温かなストーリーだったと思うな。

 

ポジティブな反応を中心にご紹介してきましたが、海外の反応を見ると結構辛辣なレビューもちらほら。

「身長が高いからってこんな風にいじめられるのはおかしくない?」、「この手の青春映画は駄作が多いわ」などの反応が多かったような印象です。

 

また、この作品の終わり方についても賛否あるようで、「どうしてこの終わり方なの!?」というツイートに多くのイイネが集まったりもしていました。(すでに鑑賞された方はわかりますよね・・・!笑)

 

感想(ネタバレ有り)

 

この投稿をInstagramで見る

 

shout out to the tall girls who get asked if they play basketball every.single.day. 🏀 Tall Girl is now streaming!

Netflix USさん(@netflix)がシェアした投稿 –

評価:★★★★☆(星 3.8 / 5)

良かった点

  • 自分らしくあることの大切さをジョディの身長を通して伝えてくれる
  • ラストで明かされたジャックの木箱の秘密
  • 最高にキュートなサブリナ・カーペンター
  • スティグ役のルーク・アイズナーがイケメンすぎ

 

きっと多くの人がこの作品について「ベタなストーリーの映画だった」という印象を持ったのではないかと思います。

しかし、それでも本作は主要キャストの初々しい演技や作品が伝えようとするメッセージが非常に気持ちの良いものだったので、僕としてはかなりポジティブな感想を抱いています。

 

映画が始まると、ジョディは長身である自分を愛することができない、自分に自信の持てない女の子として登場します。

もはや一種の諦めのような感情を抱くジョディに、僕は共感してしまいました。

ジョディが抱くコンプレックスは身長の高さでしたが、きっと誰だって何かしらのコンプレックスを抱えていますよね。(ちなみに僕の場合はすね毛が濃すぎるのがコンプレックス。いや、もうダーウィンの進化論のあの図の人間になりきってない状態の彼の足とほぼ一致するほどのジャングルすね毛なんですよ・・・。つまり、僕はジョディの長身と自分のすね毛を重ね合わせていたというわけです。笑)

 

そんなジョディが交換留学生のスティグに恋をして「変わろう」と思い始めるわけですが、最終的に彼女が自分自身に自信が持てるようになったのは、自分を大好きでいてくれる小さな幼馴染の存在のおかげでした。

自分を一生懸命好きでいてくれる人がいたり、自分をとっても大切にしてくれる・守ってくれる人がいるって、本当に素敵なことですよね。その人の存在のおかげで自分にも自信が持てたりするものです。

 

ジョディにとってジャックは風変わりな幼馴染という、彼女にとっては大きな存在ではありませんでした。

それでも、パーティーで必死にジョディのことを庇うジャックの姿を見て、彼の心の大きさ・愛の大きさに気づいたのだと思います。そして、自分にとって彼がちっぽけな存在ではなかったことにも。

 

これで「自分を愛してみよう」と心境が変化したジョディは、ヒールのある靴を履いてパーティに繰り出すのですが、ありのままの自分を受け入れ自信満々な姿は本当にカッコ良かったです。

そして最後のスピーチで「背が高いのは私の特徴だけど、私は自分が好き。私たちはみんな自分を好きになっていい」と話すジョディの姿には思わず胸が熱くなってしまいました・・・。(言葉に思いを込めて話すジョディ役のエヴァ・ミッシェルの演技もすごく良かった!)

 

また、最終的には好きだったスティグを振ってジョディはジャックを選ぶのですが、モテモテのスティグを振る姿もかっこ良いジョディで僕は好きでした。

さらに最後にジャックの木箱の秘密が分かり、ジョディとジャックがキスするラストは本当に可愛かった!

ジョディが自分を愛するようになり、ジャックの恋が実るというラストシーンはものすごく観ていて気持ちよかったです。

 

ストーリー自体のレビューはこの辺にして、この作品で非常に印象に残ったキャストについても少し書いていきたいのですが、前述の通り僕のお気に入りは「最高にキュートなサブリナ・カーペンター」と「イケメンすぎだったルーク・アイズナー」。

 

まずはサブリナ・カーペンターですが・・・

海外の反応でもいくつか似たような意見をご紹介していましたが、サブリナ演じるハーパーはジョディのことを大切に思う可愛くて優しくてかっこ良い、まさに理想のお姉さんって感じでした。

また、かつて恋に落ちた留学生の話をする姿などコミカルな演技も見せてくれたのがすごく好印象。(サブリナが以前出演していたディズニーチャンネルのガール・ミーツ・ワールドで演じたマヤ役を彷彿とさせる感じがなんか良かったです。笑)

 

サブリナの出番自体はそこまで多くありませんでしたが、本作での演技を見てサブリナに興味を持った方は非常に多いのではないかと思います。最近はミュージシャンとしても大忙しの彼女ですが、女優としても才能があるということを見せつけてくれたように感じます。(見た目に華があるのは言うまでもありませんが、見る者を惹きつける存在感や不思議な魅力が彼女にはあるんですよ・・・!)

 

そしてもう一人書いておきたいのはやっぱりスティグ役を演じたルーク・アイズナー。

うん、とにかくイケメンでした。笑

 

綺麗なブロンドヘアの似合うまさに北欧の王子様って見た目に男の僕も完全にノックアウトされてしまいましたよ・・・!

劇中では「スウェーデンだと俺は全然イケてないオタクだよ!」とスティグが話すシーンもありましたが、一応言っておきますと決してそんなことはないと思います。笑

 

特に電車の中でジョディとキスするシーンなんかヤバくなかったですか?!

薄暗い電車の中で二人並んで話す姿に胸キュンでした・・・。

背が高いことを気にせず、ジョディのことを綺麗だと話す様子・・・

ルーク・アイズナーにあんなこと言われたらもう誰だってキスしちゃいますよ!!

キスの後に少し恥ずかしそうにする二人の様子が可愛くて可愛くて・・・。(あれはまじで何度でも見返したくなる名シーンでした!!)

 

ルークは本作までほとんど俳優として活動した経験はなく、モデルやミュージシャンとしても活躍しています。

そうなると今後彼がどのようなキャリアを選択していくのか非常に気にはなるのですが、ここまでイケメンのルークなのでぜひ俳優として活躍する姿をもっと見たいと思ってしまいます。今後の彼の活躍にも目が離せません。

 

最後はサブリナやルークの魅力についてざっと書いていく形にはなってしまいましたが、本作の総括としては「観終わった後の爽快感が心地良い、自分らしくあることを伝えてくれる素敵な映画でした・・・!」って感じです。

ベタな展開の作品であっても、素敵なメッセージが込められているこの手の作品は何度でも観たくなってしまいます。

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

so grateful 🖤

A V Aさん(@ava.michelle)がシェアした投稿 –

本日はNetflixオリジナル作品「トールガール」を科学してきました!

 

心温まる作品でラストシーンも素敵だったわけですが、前述の通り海外の反応の中にはラストに納得しないツイートも見受けられました。

 

訳)トールガール好きだけどなんでジョディは欲しいものを手に入れなかったのか理解できないわ。スティグはそんなに悪い奴じゃなかったし、ジャックは別の女の子と良い感じだったじゃない。きっと制作陣は(ジャックの)木箱に理由をつけたかったんでしょうね。

 

確かにこういう見方もありますよね。

特にスティグはパーティーでジョディの悪口を言うまではすごく良い男の子でしたし・・・。

 

作品自体には賛否はあるかと思いますが、サブリナ・カーペンターをはじめとする未来のスターが多く出演しているというだけでも僕はとっても満足なトールガールでした!

 

それでは本日の科学はここまで!

次回をお楽しみにー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です