【Netflix】ノット・オーケーを科学する

思春期といえば、誰でも何かしらの悩みを抱えるものですよね。(遠い目)

 

どうも、ネロです。

 

思春期ってのは厄介で、恋の悩みやら友人関係の悩みやら将来に関する悩みやら・・・

誰しも何かしらの悩みを抱えているものですよね。

 

今回ご紹介する作品も、女子高生の主人公がある悩みを抱えています。

 

その悩みとは、、、自分に不思議なスーパーパワーがあるというものです!!

 

作品の名は「ノット・オーケー」

Netflixの人気作品、「ストレンジャー・シングス」の監督と「このサイテーな世界の終わり」の制作総指揮の方がタッグを組んだ超話題作なのであります!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

wow okay. feb 26

I Am Not Okay With This(@iamnotokaywiththis)がシェアした投稿 –

最近は漫画原作のドラマが海外でも増えていますが、今回ご紹介していく「ノット・オーケー」もチャールズ・フォースマンのコミックが原作となっています。

 

こちらが原作コミックのイラストの感じ。

なお、このチャールズ・フォースマンですがNetflixの人気作品「このサイテーな世界の終わり」の原作者としても知られています。

 

さらに、原作だけではなく制作スタッフにもNetflixの人気作品を手がけた人たちが名を連ねており、配信前から非常に注目されていたのがこの「ノット・オーケー」なのであります!

 

そんなわけで今回はそんな「ノット・オーケー」の作品概要や魅力、主要キャストや海外の反応などをご紹介していきます!

それでは本日の科学、スタートです!!

 

作品概要と魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

dear diary, go fuck yourself

I Am Not Okay With This(@iamnotokaywiththis)がシェアした投稿 –

あらすじ

父親が突然自殺してしまった17歳のシドニー。家庭では父親について母親と口論する日々が続きどこか居心地の悪い毎日。学校でも親友のディナに彼氏ができてしまい、イライラは募るばかり。カウンセラーからは日記を書いてイライラを抑えるように言われたシドニーでしたが、ある日自分に不思議なパワーがあることに気づきます。そしてシドニーは思春期の悩みを抱えながら同時にスーパーパワーに苛まれることになり・・・。

 

冒頭でチラッと書きましたが、今回ご紹介している「ノット・オーケー」ですが・・・

・「ストレンジャー・シングス」で監督も務めたショーン・レヴィーが制作に名を連ねている

・「このサイテーな世界の終わり」で監督を務めたジョナサン・エントウィッスルが監督している

こんな感じで豪華な制作メンバーが揃っている話題作なのです!

 

作品を観ての感じたこととしては、かなり雰囲気は「このサイテーな世界の終わり」に似ています。

ストーリーは全然違うんですが、1話あたり20分という点に加え作品で流れる音楽やシュールに進んでいく物語という点ではかなり近いものを感じました。

 

一方で「ストレンジャー・シングス」的な要素はそこまで感じなかったかな・・・というのが個人的な印象です。

(ただ、主人公のシドニーがスーパーパワーを持っているという点では「ストレンジャー・シングス」のイレブン的なものを感じないでもなかったですが・・・!)

 

スーパーパワーを持つ主人公、、、というのはありがちな設定かもしれませんが、「このサイテーな世界の終わり」でも感じられたこの先どうなってしまうんだろう感がこの作品の最大の魅力だったように思います。

 

主人公シドニーのスーパーパワーはなんだか得体が知れないので、何かとんでもないことが起きるのではないか・・・?という予感を感じさせながらストーリーは進みます。

まるで綱渡りを思わせるようなストーリー進行なので、怖いもの見たさでどんどん続きが観たくなってしまう感じです。

 

また、シドニーを演じるソフィア・リリスの存在感というのもこの作品の特筆すべき点だと思います。

ものすごく美人とか可愛いというタイプの女優ではないかもしれませんが、画面からも伝わってくる圧倒的な存在感がすごいです。

演技の素晴らしさもさることながら、彼女の瞳の持つ力に何だか吸い寄せられるような不思議な感覚に陥りました。(いや、本当に!!笑)

 

と、まあ色々と書きましたが、とにかく「このサイテーな世界の終わり」が好きな方にはぜひ観てみて欲しい作品です。

きっと、独特な世界観やソフィア・リリスの魅力にどハマりしてしまうのではないでしょうか・・・!?

 

キャスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

So thrilled to be working with this amazing cast and crew this summer! @iamnotokaywiththis @jonathan_entwistle

Sophia(@sophialillis)がシェアした投稿 –

ここからは「ノット・オーケー」に出演している主要なキャストをご紹介していきます!

 

☆ソフィア・リリス(シドニー役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

First day of IT 2 press! Thanks Ryan and Susanna at @salonaks for the cut and color! Grooming by @blondiemua and styling by @erinwalshnyc.

Sophia(@sophialillis)がシェアした投稿 –

不思議な力を持つシドニーを演じるのはソフィア・リリス。2002年2月13日生まれの18歳です。

7歳の頃から演技を学び始めたソフィアは2014年に「A Midsummer Night’s Dream」という作品で本格的にキャリアをスタートさせます。そして2017年に「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり」で主要キャラクターの一人べバリー役で抜擢されると、映画のヒットと共にソフィア自身も注目の若手女優となりました。その後は「IT/イット」の続編や自らが主演を務めた「Nancy Drew and the Hidden Staircase」という作品が制作されるなど、着実に活躍の場を広げています。 また、2020年にはソフィアがグレーテル役を務める「Gretel and Hansel」(ヘンゼルとグレーテルのストーリーを基にしたホラー映画)がアメリカで公開になっています。

 

☆ワイアット・オレフ(スタンリー役)

シドニーを追いかけるスタンリーを演じるのはワイアット・オレフ。2003年7月13日生まれの16歳です。

シカゴ出身のワイアットですが、幼い頃から役者を目指していた為家族と一緒にロサンゼルスへ移住。その後2012年に「Animal Practice」というテレビドラマに小さな役で出演するところからキャリアをスタートさせ、ゼンデイヤやベラ・ソーンが主演したディズニーチャンネルの人気ドラマ「シェキラ!」にゲスト出演するなど経験を積みます。そんな感じで映画やドラマに小さな役で出演し経験を積んでいったワイアットですが、マーベルの人気作品「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で主人公クウィルの幼少時代を演じ注目を集めるようになります。さらに2017年には「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり」に主要キャラクターの一人スタンリー役で出演しています。つまり、本作でシドニーを演じるソフィア・リリスとは再びの共演というわけです!

 

☆ソフィア・ブライアント(ディナ役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

this is dina. she’s such a badass.

I Am Not Okay With This(@iamnotokaywiththis)がシェアした投稿 –

シドニーの親友ディナを演じるのはソフィア・ブライアント。1999年12月26日生まれの20歳です。

12歳の頃に夏季限定で芸術学校に通ったことがきっかけで演技に目覚めたソフィア。その後はプロとして活躍するためにトレーニングを続け、映画やドラマに出演する前は多くのコマーシャルなどに出演していた経験を持っています。その後「グッド・ワイフ」や「ブルーブラッド〜NYPD家族の絆〜」などのドラマに小さな役で出演したソフィアですが、「ノット・オーケー」で演じるディナのような大きな役での出演は初めて。ディナ役をきっかけとして今後羽ばたいていくであろう注目の女優さんです。また、ファッションやカメラにも情熱を持っており、女優以外にも活躍の場を広げていくかもしれません。

 

☆リチャード・エリス(ブラッドリー役)

 

この投稿をInstagramで見る

 

golden boy bradley lewis.

I Am Not Okay With This(@iamnotokaywiththis)がシェアした投稿 –

ディナの彼氏ブラッドリーを演じるのはリチャード・エリス。

まだまだ演技のキャリアは少ないリチャードですが、2019年には「ヴェロニカマーズ」のリブート版に端役で出演した経験も持っています。また、2017年には友人らと制作したショートフィルム「Two Introverts」はいくつかの賞を受賞するなど高く評価されました。甘いマスクを持つリチャードなので、今後のブレイクに期待したい俳優です!

 

海外の反応

 

この投稿をInstagramで見る

 

it’s probably just puberty

I Am Not Okay With This(@iamnotokaywiththis)がシェアした投稿 –

ここからは海外の人たちが「ノット・オーケー」をどのように観たのかをご紹介していきます!

 

訳)「ノット・オーケー」は素晴らしかったよ。もっと続きを観させてください。

 

訳)親愛なる日記へ。「ノット・オーケー」を全て観終わったんだけど、私は今すぐにシーズン2が必要よ。マジでやばい、本当に最高だった。

 

訳)この作品は本当に面白くて「ストレンジャー・シングス」と「このサイテーな世界の終わり」をミックスさせた感じで最高だよ。全7話で各エピソードは30分もしないからすぐに観終わっちゃうよ。マジでおすすめ。

 

訳)「ノット・オーケー」をイッキ観したんだけど、これ本当どうなっちゃってるの?マジでぶっ飛んでるよ!!

 

訳)「ノット・オーケー」はすごく良いよ。一日で全部観ちゃった。時差ボケと風邪気味の私を助けてくれたわ。そしてソフィア・リリスはやばいね!

 

訳)「ノット・オーケー」はたったの7話で各エピソードは20分くらいという短さ・・・。これはノット・オーケーだわ。

 

訳)ワイアット・オレフとソフィア・リリスは友達、言いたいのはそれだけ・・・。男女の友情は存在するんだね、いやマジで。

 

訳)このトリオはとってもオーケーだわ。

 

訳)「ノット・オーケー」(シーズン1)のエンディングって・・・。シーズン2まで一体どれだけ待たなきゃいけないの?

 

訳)ちょっとソフィア・リリスがどれだけ可愛いか話しても良いかな。彼女のこと本当に好き。とにかく「ノット・オーケー」観てみて。

 

まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

3

I Am Not Okay With This(@iamnotokaywiththis)がシェアした投稿 –

さあ、そんなわけで今回は注目の「ノット・オーケー」を科学してきました。

 

SNSなどを見てみると、日本でもなかなか多くの方が視聴しているように思えるのですが、やはりシーズン1を観終わったなら気になるのはシーズン2の予定についてですよね。

 

記事執筆現在、まだシーズン2に関する正式なアナウンスはNetflixから出されていないのですが、、、

僕個人の予想としてはおそらくシーズン2も制作されるのではないかと思います。

 

その理由ですが、Netflixは単純な作品の視聴者数に加え、「どれだけの人がシーズン全体を観終えたか」「どれだけ社会的に知られているか」「ファンのコミュニティーでどれだけ愛されているか」などを作品を更新するための判断材料にしていると言われています。

 

SNSやレビューサイトを見た感じだと、話題性も高く多くの人から観られているように思います。

また、僕の肌感覚にはなってしまいますが、作品を観てファンになったという方の熱量も高い作品のように感じられたのできっとシーズン2も制作されるのではないかと考えたわけです!(SNSではファンがイラストを描いて投稿しているものも多く見受けられましたし!)

 

というわけで僕はシーズン2があるのではないかと期待をしております!

ちなみに他の作品の更新例を鑑みますと、「ノット・オーケー」のシーズン2が制作された場合2021年の春頃に配信となるのではないかと思います!

 

それでは本日の科学はここまでにしましょう!

次回をお楽しみにー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です