【サマソニ】人生で初めての夏フェスにぼっちで参戦する件を科学する【2019】

 

皆さんはおひとり様は得意ですか・・・?

 

どうも、ネロです。

 

僕は映画館やカフェぐらいならぼっちで行くことができる平均的なぼっちレベルの持ち主だと自負しています。

 

時々ディズニーランドや焼肉屋などレベルの高い場所へ1人で乗り込む輩もいるわけですが、僕は決してそこまでのレベルには達しておりません。

 

しかしこの度、そんな僕が1人でサマソニなる夏フェスに乗り込むことになったのです・・・!

 

そんなわけで今回は、僕が1人でサマソニに行くにあたって楽しみなことや不安なことを書いていきたいと思います。(小並感)

 

それでは本日の科学、スタートです!!

 

私はなぜ1人でサマソニに行くのか

普段「私」なんて一人称は使わないのですが、少し厳かな雰囲気を演出するために「私はなぜ1人でサマソニに行くのか」とかって書いてみました。(すっとぼけ)

 

もうみなさんご存知だとは思うのですが、最初に「サマソニ」ってどんな夏フェスなのか少しだけ紹介します。

サマソニとはサマーソニックの略称で、毎年8月上旬から中旬の間に千葉・大阪で同時開催されるロックフェスティバルのこと。

記念すべき20周年を迎える今年は8月16日〜8月18日の三日間に渡って開催され、B’z、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ザ・チェインスモーカーズなど豪華アーティストが出演します。

 

根暗で陰キャラな僕には程遠いイメージの夏フェスではありますが、今年はどうしても行かなければいけないと感じたわけです。

 

それは今から遡ること3ヶ月前・・・。

僕はサブリナ・カーペンターというディズニーチャンネル出身のスターのライブを観に行ったのです。

ファン歴は長かったものの初めてのサブリナのライブで大興奮だった僕。

そしてそのライブの中でサブリナは言ったのです・・・。

 

「8月にまたサマーソニックに出演するために日本に戻ってくるの。そこでみんなに会えたらいいな。」

 

 

僕はその言葉を聞いて思いました。

サブリナは、僕にまた会いたがっている!!!!(錯乱)

 

こうして僕は、サブリナが出演する8月16日の千葉でのサマソニに参戦することになったのでした。

 

サマソニに向けて楽しみなこと

ぼっちで行くとは言え、やっぱり夏フェスに行くというのはテンションが上がるものです。

特に僕が参戦する8月16日(千葉)は前述のサブリナ・カーペンターに加え、The 1975やWeezerなどなど僕の好きなアーティストが数多く出演しています。

 

また、フォール・アウト・ボーイ、リタオラ、スノウ・パトロールなどの出演も非常に熱いです。

バナナラマは昔天才テレビくんでジャス・ミンアレン率いるモンキークイーンが「Love in the First Degree」を「恋はギルティー」ってタイトルでカバーしていたのが懐かしい・・・。

 

一人とは言え色々と楽しみがありますので、少しばかりご紹介していきます。

 

☆友達できるかな

「友達、できちゃうんじゃないかな・・・!?」

ぼっちでフェスに行くとなれば、やはり誰でも一度は考えるでしょう。

 

同じ音楽が好きな仲間・・・

同じようにぼっちで来ている同志・・・

謎の美少女と運命の出会い・・・

 

 

根暗でコミュ障な僕がフェスという異空間に迷い込み、友人ができたり僕と音楽の趣味が似ていて偶然1人で来ていた橋本環奈似の美少女とまさかの恋に落ちるなんてことはあるのでしょうか・・・!?

 

こればっかりは行ってみなければ分からない、少し楽しみなポイントだったりします。

 

☆お酒やフェス飯

いや、実際のところ行ったことないからよく分かってないんですけど、お酒とかフェス飯楽しめる・・・みたいな噂も聞いたことあるような無いような・・・。(ネットで調べるとバカ高いとかも出てきますが。笑)

 

炎天下の中でキンキンに冷えたビールでも飲みながら、美味しいつまみに最高の音楽。

そして隣には僕と音楽の趣味が似ていて偶然1人で来ていた橋本環奈似の美少女。

 

まさにフェスって感じで思わず高まってしまいます。

 

☆サマソニガール

いや、全然よく分かってないんですよ?僕は。

サマソニガール?ナニソレ?って感じなんですよ?僕は。

 

でもなんか会場に行くといるらしいじゃないですか?

サマソニガールとかいうのが。

 

笑顔が素敵で健康的なお姉さんが可愛いコスチュームでお客さんと写真撮影してくれたり、フェスを華やかに盛り上げてくれる存在。それがサマソニガール!!って言われても実際に見てみないとよく分からないなあ・・・。(鼻の下びろーん)

 

うーん。まあ百聞は一見に如かずって言いますし、食い入るような目でしっかり見てこようと思います。(すっとぼけ)

 

サマソニに向けて不安なこと

 

やっぱり1人で行くとなると、圧倒的孤独に苛まれるのではないかという不安がありますね・・・。

 

1人でトボトボと歩く僕の横を若くて明るい陽キャラな集団が通り過ぎていく・・・。

1人で控え目に盛り上がる僕の横でラブラブなカップルがイチャイチャしながらフェスを楽しむ・・・。

1人で精一杯お酒を飲んで楽しもうとする僕の横でウェイ系な大学生集団がコールしながらお酒を飲んでる・・・。

 

ああ、これはまずい!!!!!

精神的に追い詰められた僕は自然と病んでる系のアーティストのステージに足を運ぶこと間違いなしです。(あれ?それはそれで楽しい?)

 

その他にも、不安の種は尽きないのでここらで少しばかり吐露させてください。(白目)

 

☆フェスのファッション

これはぼっちじゃなくてもフェスに初めて参戦する方は抱く不安かもしれないですね。

 

いや、だって嫌じゃないですか。

ただでさえ1人で来ているから目立ちたくないのに、変な格好して悪い意味で浮いちゃってたら・・・。

 

よく帽子被ってる人とかいるようなイメージありますけど、僕はどんな帽子を被っても似合わないという特殊能力を持っているんです。

 

フェスで定番な帽子って言えばいわゆるサファリハットってやつですけど、僕が被ると完全に不審者です。

 

 

うん、こういう人小学校の頃通学路に現れて騒ぎになってましたね。

 

続いての案は、よくあるオシャレな雰囲気のキャップですね。

 

 

僕は頭がでかいのでオシャレなキャップを被っても、なぜかヘルメットを被っているかのようになるんですよね。

 

キャップがダメなら、たまに見かける頭にタオル巻くスタイルはどうでしょうか?

 

 

うん、完全にラーメン屋さんですね。

カップ麺のパッケージに載ってるラーメン屋さんのあれですね。

 

結局のところ何を着ていくべきなのか答えは出ていませんが、ネットで調べるとフェスコーデとか出てくるんで、色々調べて無難な最適解を見つけ出そうと思います。

 

☆天気

 

この投稿をInstagramで見る

 

#サマソニ #summersonic photo by @shinichillout54

SUMMER SONICさん(@summersonic_official)がシェアした投稿 –

いや、これはぼっちで行くとか初めて行くとか関係なく心配ですね。

 

せっかくのフェスだって言うのに台風とか来た日にゃ大惨事になりますよ。

もう、水も滴るクソ陰キャとか地獄絵図そのものですよ。

 

サマソニは都市型フェスと呼ばれることもあるように、屋内会場もあったりと雨には強いフェスだとは聞きますが天気が悪いのは嫌ですよね・・・。

 

まとめ

さあ、そんなわけで今回はこの夏僕が1人でサマソニに乗り込むことについてざっくばらんに書いてきました。

期待半分、不安半分という僕の心境がお分かり頂けたかと思います。

いや、不安の方が圧倒的にでかいですね。(白目)

 

しかし、僕がサマソニに行く目的の大部分を占めるサブリナ・カーペンターが、こんなメッセージ動画を出しているのです。

 

うん、やっぱり僕頑張るよ・・・!!!(愛の力)(錯乱)

 

ということで、サマソニに行ったらまたどうだったのか記事を書きたいと思います。

そして多分ツイッターでも当日は僕の心境や現場の状況をお伝えする写真など撮ろうと考えていますので、チェックしていただけますと幸いです。

 

それでは本日の科学はここまで!

次回をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です