留学経験を就活に活かす方法を科学する

 

就職活動前って、めちゃくちゃ不安ですよね・・・。

 

どうも、ネロです。

 

「今回は留学経験を就活にどう活かすか」というテーマで記事を書いていこうと思います。

 

留学の経験を就職活動にも活かしたいと考えたは良いものの、いざESを書いたり面接をしてみるとこれがなかなか難しいんですよね・・・。

 

僕自身、大学時代にイギリスへ長期留学を行ったのですが就活序盤はなかなか結果を出すことができずかなり辛い思いをした経験があります。

 

試行錯誤の末になんとか志望していた大手メーカーの海外営業職に内定をもらうことができましたが、その道のりは決して平坦なものではありませんでした・・・。(吐血)

 

当時の留学仲間たちに就職活動の話を聞いてみても、「大変だった」「希望していた企業には入れなかった」などの声がちらほら。(希望とは裏腹に、せっかくの英語力を活かせないような仕事に就いてしまったという人も結構多いです)

 

そんなわけで、留学を経験した上で就活を行った僕が感じたことをつらつらと書いていきますので少しでも参考になれば幸いでございます。

 

それでは本日の科学、スタートです!

 

英語力を証明できるように

 

まず第一にこれかなと思います。

留学経験があるのであれば、それを裏付ける英語力の証明が必要です。

 

英語の試験は色々ありますが、一番オーソドックスなTOEICで高得点を取っていれば間違いないかなというのが個人的な意見。

 

また、実際に自分の同期に入社時のTOEICの点数を聞いてみると大体が800点以上だったので、あくまで参考ですが800点以上あれば英語力の証明にはなるのではないかと思います。(もちろん会社によって基準となる点数は変わってくるかと思いますが・・・!)

 

正直なところTOEICの点数では実際の英語力が測れるとは思いませんが、やはりTOEICなどテストのスコアは就職活動では一つの目安として見られることが多いです。

 

「留学の成果として英語力をしっかり高めた」という事実を評価してくれる企業もあるはずですし、そういった意味でも英語力の高さを証明できるようにしましょう。

 

これが、留学経験を活かし海外系の仕事に就く為のファーストステップになります。

 

英語+αのアピールポイント

 

やはり大事になるのはこれ。

英語+αのアピールポイントです。

 

海外系の職種を希望している人といえば、大体の人が高い英語力を持っています。

 

そんなライバルたちに差をつけるためには、英語以外の部分でアピールできる要素が必要というわけです。

 

特に、海外系の職種を希望するのであれば留学中に英語以外で努力したことやエピソードをネタとして持っておくのがおススメ。

 

海外系の職種となれば、将来的に海外駐在が前提というものも珍しくはありませんし、「海外の日本とは異なる環境の中でたくましく頑張ってきた」「コミュ力を発揮して色んな国の学生と仲良くなってみんなで何かを成し遂げた」などのエピソードは評価される可能性大です。

 

ちなみに僕は「様々な国の学生が集まってくる語学学校で多くの友人を作り、異なる文化やバックグラウンドに触れ視野が広がった。長期留学という形で海外で暮らした経験もあり、どんな国や文化でも適応できる自信が持てるようになった。御社で働く場合も色んな国の人とやり取りを行うことがある。また、駐在で長く海外で生活することがあるが、自分のこの強みを活かせますよ!」的な話をしていました。

 

情けない話ですが僕の場合は留学中に特に英語以外で努力した、成果を上げたようなこともなかったので上記のような話をしていました・・・。

 

そんな中途半端なアピールしかできなかった僕ではありますが、実際に面接を経験していく中で感じたのは志望している企業が求めるような能力や経験をアピールすることが大事ということです。

 

企業のホームページやパンフレットなどの資料をくまなくチェックし、十分な企業研究を行った上でその企業が求めそうなアピールを行うようにしましょう。(企業研究は本当に大切!)

 

また、これから留学に行くという方は、就活で何をアピールするのか・できるのかを考えて生活しておくと、後々かなり楽になってくるのではないかと思います!

 

気持ちのコントロール

 

ここまでで色々と書いてきましたが、結局のところ就職活動って運の要素が強いのも事実です。

 

面接官との相性もありますし、緊張しながら面接に挑む中ではうまく話せなかった・・・なんて日も出てきてしまうものです。

 

ごく稀に「一度も就活の面接で落とされたことがない」なんてスーパー宇宙人もたいな人もいますがそんなのかなりのレアケースです。

 

運でかなり左右されてしまうのが就活ですから、一度落ちてしまったくらいで落ち込まず気持ちを切り替えていくことも本当に大切です。

 

就活で良い結果が出せないと、「自分は必要とされていないのではないか」「もうどこからも内定をもらうことなんてできないのではないか」などなど、どうしても心が折れてしまいそうになります。

 

なんだか、自分という人間を否定されてような感覚になるんですよね・・・。

 

でも、決してそんなことはないはず。

ESや短い面接であなた自身のことを全て理解できる人なんていないんです。

 

それにどんな企業だって「あなたが採用面接なんかしちゃダメでしょ!」と思わずツッコミ入れたくなるようなタイプの人が面接してるケースも全然あると思います。笑

 

「自分を落とすような会社はセンスがない!こっちから願い下げだ!」くらいの気持ちでいきましょう。自分に自信を持って次に切り替えるのです!

 

自信を持って面接挑むあなたの方が、きっとどんな人からも魅力的に映るはずですよ!

 

まとめ

 

今回は留学経験を就活に活かす方法について科学してきました。

 

就活って本当に自分自身の人生を左右するようなおおきなイベントのくせに、色々とツッコミどころも多くて今振り返るとなんだか切なくなります。(WEBテストは答えが出回ってるし、実力云々とかではなくコネがあったり謎の情報戦が繰り広げられたり・・・。)

 

まあでも日本で就活を行う以上、このシステムの中で内定をもらえるよう頑張るしかないんですよね。(あなたの社畜ライフはもう既に始まっている・・・!笑)

 

これを読んでくれている方が少しでも良い結果を残し、春からカッコ良い社会人として活躍できることを切に願っております。

 

そして、今は転職が当たり前になっている時代です。

 

やり直しだってできますし、逆転のチャンスだっていくらでもあるはず。

 

まだ若い皆さんの人生には沢山のステキな道が広がっていることも忘れないでほしいです。

 

ちょっと熱いことを書いてだいぶエモくなってきましたので、そろそろ本日の科学は終わりにしましょう!

それでは次回をお楽しみに~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です