【厳選】オススメのディズニーチャンネルオリジナルムービー15作品を科学する【DCOM】

どうも、ネロです!

 

皆さんはディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーを知っていますか?

 

ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーとは、ディズニー・チャンネルで放送されるテレビ映画のブランド名のことなんです。(海外では結構DCOM(ディーコム)と呼ぶことがあるみたいで、ディズニーチャンネルスターがそう言っているのを何度か聞いたことがあります。)

 

ディズニーチャンネルを視聴できる環境にある方なら当たり前のように知っているものかもしれませんが、それ以外の方には馴染みが薄いかもしれませんね。

でも、あのザック・エフロンが主演していた「ハイスクール・ミュージカル」がディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーだといえばイメージが湧きやすいのではないでしょうか。

 

そんなディズニーチャンネルオリジナルムービーですが、実はこれまでに全部で100作以上も作られており、過去の出演者の多くが有名なスターになったりしてるんです。

しかも作品の内容自体も老若男女問わず楽しめるものが多いのですよ!!

 

そんなわけで、今回はそんなディズニーチャンネルオリジナルムービーの中でも、ネロオススメの厳選15作品をご紹介していきます!!

 

イケてる私とサエない僕

 

View this post on Instagram

 

Best Movie Ever!!!!!!!!!!!!!!!!! ☺💜 #geekcharming #sarahhyland #mattprokop #sarahhylandandmattprokop

Angelyn Larae Malone 💜❤💜❤💜さん(@angelyn_larae_malone)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

ジョシュは映画好きのオタクで学校のアイドル的存在であるディランとは正反対。しかしそんな二人があるハプニングをきっかけに協力してディランのドキュメンタリー映画を作成していくことになります。学校のミスコンであるブロッサム・クイーンを狙うディランは傲慢な態度でジョシュとも衝突してしまうのですが、彼女がブロッサム・クイーンにこだわるにはある理由があり・・・。

【コメント】

まず最初に紹介するこの作品、僕の大のお気に入りなんです。タイトルの通りオタクの男の子とイケてる女の子が主人公の作品なんですが、全く正反対かに思えた二人の心が通じ合っていく様子がすごく可愛らしくてなんだかキュンキュンしちゃいます。イケてる女の子を演じているのはアメリカの人気ドラマ「モダンファミリー」に出演しているサラ・ハイランドという女優さんです。大きな目が特徴的で、なんだか吸い込まれそうになってしまいます。

僕もこの物語に登場する「サエない僕」のような高校生活を送っていたのですが、この物語と同じようにイケてる女の子に恋をしたことがあったんですよ。ただ、僕のようなイケてない男子にとって彼女は高嶺の花。とてもじゃないけど近づくことすらできなかったんです。そこで僕はなんとか彼女にアプローチするために、僕も一念発起してイメチェンをしてみたのです。そう、この作品のサエない僕がイメチェンしてイケメンになったように・・・!!まず僕はくせっ毛を直すために縮毛をかけたのですが、結果的に強くかかりすぎてしまったようで、あまりに直毛になりすぎてとても人様に見せることのできないような髪型となり淡い恋は儚く散ったのでした・・・。

 

カデット・ケリー

 

View this post on Instagram

 

Introducing my niece to this film! Classic. #cadetkelly #disneychannelmovies #childhood #auntlife

Annie Rogersonさん(@therealanimalannie)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

母親の再婚相手がミリタリー・スクールの校長先生で、おしゃれなアート・スクールからミリタリースクール(軍隊学校)に転校する事になったケリー。厳しい規則の中大変な毎日の中で過ごさなければいけなくなったケリーでしたが、持ち前の明るさで試練に立ち向かいます。家族の絆やケリーの成長を感じることのできる名作。

【コメント】

今の若い子たちはこの作品で主演を務めたヒラリー・ダフを知ってるんですかね?ディズニーチャンネルのリジーという作品で主演を務めたヒラリーは当時すごい人気で、ヒット曲もたくさんありましたし今で言うところのセレーナ・ゴメス的なポジションだったんじゃないですかね。僕も当時はヒラリーファンでCD買ったりヒラリーが出演した音楽番組録画したりしてましたよ・・・。その昔はヒラリーとリンジーの二人が双璧をなした時代があったんだよなあ・・・。

この作品ではそんな人気全盛期のヒラリーが主人公のケリーに扮して様々な困難に立ち向かうのですが、どんなことにもひたむきなケリーの姿に心打たれまくるんですよ。この頃のヒラリーは本当にピュアでキラキラしていて、ケリー役は超どハマりだったと思います。僕世代でディズニーチャンネル見ていた人にとっては、この作品の内容どうこうとかじゃなくて懐かしさで涙すること間違いなしの名作・・・。(遠い目)

 

キャンプ・ロック

 

View this post on Instagram

 

💖

CAMP ROCK💕さん(@_camp_rock_page_)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

ひょんなことからキャンプロックに参加できることになった少女ミッチーは音楽に情熱を燃やす女の子。しかしキャンプロックでは才能に溢れ、裕福な家庭に生まれた参加者がおりすっかり自信をなくしてしまいます。そんな失意に満ちたミッチーでしたが、人気のない部屋に置かれたピアノの弾き語りをしていると、その歌声をキャンプロックの講師としてやって来ていた人気バンドのメンバー、シェーンが耳にして・・・。

キャンプロック2ではミッチーたちが存続の危機に陥っているキャンプロックのために音楽で戦います。

【コメント】

兄弟バンドのジョナス・ブラザーズです。こちらも懐かしすぎます。(涙)

当時のジョナス人気はとてつもなくて、それこそアメリカだけで言ったらワンダイレクション人気よりもすごかったんじゃないかなあ。そんなジョナスと共演するのがデミ・ロヴァートなんですからめちゃくちゃ豪華ですよね。劇中でデミが歌う「This is me」はDCOM史上に残る名曲なので必聴です。

さて、そんなわけで当時大人気だったジョナス・ブラザーズですが、解散してからメンバーはそれぞれの道を進んでいます。一番人気だった次男のジョーはDNCEのボーカルとなり、一番才能があると言われていた三男のニックもソロで音楽活動を続けています。長男だったケヴィンはなんと建築会社を経営しているらしいです。(なんでやねん!って思いますけどガチです。笑)

今でも度々再結成の噂が広まりますが、彼らの再結成はあるのでしょうか・・・?

 

クラウド9

【あらすじ】

ケイラはサミットバレーで一番上手な女子スノーボーダー。町で一番強いチームに所属し誰からも憧れられるような選手、のはずでした。しかし町の自慢である看板をソリの事故で壊してしまったことをきっかけに、実際はお金持ちの親のおかげで大会で活躍したり強いチームに所属できていたことを知ってしまいます。チームからも外され犬の預かり所で働かされることになったケイラでしたが、そこで働くウィルとの出会いでケイラは変わっていきます・・・!

【コメント】

これはディズニーチャンネル的王道ラブストーリーですね。だがそれがいい!!最初は感じの悪いお嬢様だったダヴ・キャメロン演じるケイラがウィルとの関わりを通じてとっても素直な女の子になっていく姿や、最初はありえない相手だったウィルと恋に落ちていく姿なんかは心ときめきますよ。僕的にはダヴと言えばこの作品ってイメージが強くて、ダヴを見るとなんだか冬とかスノーボードウェアを連想してしまいます。

僕も大学生の頃に、男友達を引き連れてスノーボードに行きましたよ。もちろんダヴ演じるケイラのような素敵な女の子との出会いを期待して・・・!しかし、その時初めてスノーボードに挑戦した僕を待っていたのは素敵な女の子ではなく度重なる転倒と無数のアザでしたよっと・・・。

 

お兄ちゃんはデンマザー

【あらすじ】

主人公のアレックスはアイス・ホッケーのスター選手で学校の人気者。しかしナルシストで自己中心的なところもあり、それが災いしてホッケーの試合への出場停止を言い渡されてしまいます。その頃アレックスの妹エミリーは彼女が所属するガール・スカウト「ミツバチ・キッズ」が解散の危機に瀕していることに頭を悩ませていました。そこで出場停止中のアレックスが実は家族思いの一面を見せ妹たちのために奔走します。実は家族思いとかいうギャップは反則ですよ!! 

【コメント】

最近ではすっかり大人っぽくなったブログ犬スタンのエイブリー役、G・ハネリウスが出演しています。幼いながらもとても可愛らしい彼女の妹っぷりにたくさんの大きなお友だちが興奮したという噂です。←

コメディー色の強い作品ですが、その中で自己中だった主人公のアレックスが変わっていく姿、そしてガールスカウトの幼女女の子たちとアレックスの交流がものすごく微笑ましいです。

 

ティーンビーチムービー

 

View this post on Instagram

 

Who else loves Teen Beach Movie as much as I do? #teenbeachmovie #love #surfcrazy

@ teenbeach_loverがシェアした投稿 –

【あらすじ】

最高の夏を過ごしたブレイディとマッケンジー。しかし、夏の終わりに名門高校に転校するため引っ越すことになってしまったマッケンジーは突然ブレイディに別れを切り出します。ギクシャクしたまま二人は最後のサーフィンをしに海に出かけるのですが、大波にのまれ気がつくと60年代のビーチ・ミュージカル映画「ウェット・サイド・物語」の世界に・・・!二人は元いた世界に戻れるのでしょうか!?

そして続編では逆に「ウェット・サイド・物語」のキャラクターたちがブレイディとマッケンジーの世界にやってきます。

【コメント】

この作品は60年代テイストの曲がたくさん登場しますが、それが逆に新しいですね。ストーリー自体はよく言えば期待を裏ぎらない、悪く言えばありきたりなものなんですが、それでもこの作品が人気になったのは劇中に登場する歌やダンスに加えて主演の二人が魅力的だったからではないですかね。

ビーチってなんだかイケてる若者が集まる場所って感じがしますよね。サーファーとかってテラスハウスとかに出てきそうでカッコイイじゃないですか(小並感)僕もそんなビーチに憧れて、イギリスに留学した時はブライトンと言うビーチが有名な街に住んでいたことがあります。当時の僕は、ビーチにいればこの作品で主演を務めるイケメン俳優ロス・リンチみたいになれると思っていたんです。まあ、でも当時の写真見ると、完全に陰キャが海の近くで無理してイキってるだけにしか見えないんですよね・・・。

 

レモネード・マウス

 

View this post on Instagram

 

Gotta turn the world into your dance floor… #LemonadeMouth #100DCOMs

Disney Channelさん(@disneychannel)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

学校の居残りで集めらたオリビアたち5人。両親から受ける期待というプレッシャーや、自身の将来への不安など、それぞれに悩みを抱える5人が、母校の人気バンドを見返すべくロックバンド「レモネード・マウス」を結成します。様々な問題を次から次へとバンドを襲う中、レモネード・マウスはメンバーの絆を深め人気バンドに成長することができるのでしょうか?

【コメント】

これも比較的話題になった作品ですね。グッド・ラック・チャーリーにテディ役で出演していたブリジッド・メンドラーやブログ犬スタンのタイラー役で知られるブレイク・マイケルが出演しています。レモネード・マウスが人気バンドになっていく様子は見ていて爽快ですし、それまでの紆余曲折あるストーリーも見応えがあります。続編を待ち望む声が多かったのですが結局続編は作られず。日本ではものすごい人気があった印象はありませんが、海外では今でも根強いファンがいるほどの名作だったりします。

学生時代は僕もバンドを組んでいましたが、レモネードマウスのような男女混合バンドには少し憧れがありました。だって、超絶リア充じゃないですか!「男女で音楽を奏でる」ってなんかもう響きが卑猥じゃないですか!!(錯乱)大人になると、どんどんそういう男女のリア充はなくなっていきますからね・・・。ああ、なんかちょっとセンチメンタルになってきたのでもう余計なコメントはやめておきましょう・・・。(涙m)

 

プリンセス・プロテクション・プログラム

 

View this post on Instagram

 

#selenagomez #demilovato #princessprotectionprogram

selenagomezfanx🙌 +500 pleaseさん(@selenagomez_534)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

コスタ・ルナ王国でクーデターが起き、危険にさられたプリンセス・ロザリンダはプリンセス・プロテクション・プログラムに救出される。救出されたロザリンダはプログラムのメンバーであるメイスン少佐の家で保護されることになるのですが、メイスン少佐の家には一人娘のカーターと知り合います。まるで正反対の二人は初めは衝突し合うのですが、次第に友情を深めていき・・・。

【コメント】

この作品で主演を務めているのがセレーナ・ゴメスとデミ・ロヴァート。うーん、豪華すぎる。笑

劇中では正反対の性格を演じている二人ですが、実生活では子役時代から同じ番組に出演したりと互いに切磋琢磨してきた関係なんです。一時期不仲説も流れましたが、最近ではTwitterでリプを飛ばしあったりと今でも仲良しのようですね。

それにしても改めて見てみると二人とも雰囲気変わりましたよね・・・。この作品では特に女の子らしいデミでしたが最近はどちらかと言うとカッコ良い系になり、ウェイバリー通りのウィザードたちの頃から少しボーイッシュな雰囲気のあったセレーナは今では本当にゴージャスで美しい女性になりました。(これは同窓会で久々に会った部活一直線ショートカット女子が急に綺麗になってドキッとするときと同じパターンのやつですね、うん。)

 

ハイスクール・ミュージカル

 

View this post on Instagram

 

Wassup? #HSM2 #100DCOMs

Disney Channelさん(@disneychannel)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

バスケのスタープレイヤーであるトロイは学校の人気者。そんな彼が秀才のガブリエラと出会い、二人は音楽を通じて心を通わせていきます。そして二人は高校のミュージカルに参加するためにオーディションを受けるのですが、そんな二人を待ち受ける演劇部の部長シャーペイと弟のライアンがいて・・・。正反対の二人の恋を反対する友人たちもいてさあ大変。トロイとガブリエラはどうなっていくのでしょうか・・・!?

【コメント】

ハイスクールミュージカルはDCOMの代名詞ともいうべき作品ですね。ハイスクール・ミュージカルシリーズがここでランクイン。当時中学生だった僕もこの作品を見てきっと自分の高校生活はこんなキラキラしたものになるんだ!!と心躍らせたものです。まあ、結果は察していただけると嬉しいんですけどね(涙)

まあ僕のくだらない話はさておき、当時のハイスクールミュージカルブームってやつは本当に凄まじかったです。ディズニーチャンネルの存在すら知らない人もこの作品は見たことがあるってレベルでしたからね。ハイスクールミュージカルが放送された当時は学園モノのミュージカル作品ってあまりなかったので、主演のザック・エフロンをはじめとするキャストの華やかさと相まって人気に火がついたのではないかというのが僕の見解です。また、ハイスクールミュージカルシリーズで監督を務めたケニー・オルテガはその後もディセンダントシリーズで大きな成功を手にしています。

 

ザ・スイッチ

 

View this post on Instagram

 

Tomorrow, we’re chatting with the cast of #TheSwap live! Send in your questions for them below.

Disney Channelさん(@disneychannel)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

高校生のジャックはホッケーのスター選手だった兄とホッケーの熱血コーチを父に持つ高校生。そんな家族との関係に悩むジャックはひょんなことから親友との関係に悩む新体操部のエリーと体が入れ替わってしまう。それぞれの抱える悩みと向き合うことになる二人ですが、その中で人生における大切なことを学んでいきます。果たして二人は元の体に戻ることができるのでしょうか・・・?

【コメント】

体が入れ替わっちゃうというありきたりなストーリーなんですけど、主役のジャックとエリーには物語に深みを与えてくれるような設定があり、なんだかとってもハートウォーミングな良作になっております。でもこの作品、なんだかDCOMの中では影が薄いような気がします。(ジャック役がもっと知名度のあるイケメン俳優だったらもっと違ったかな・・・笑)

ちなみにこの作品でペイトン・リストが演じるエリーは新体操部に所属していたのですが、新体操の女の子ってなんだか男の憧れ感ありますよね・・・。でも新体操部って僕の通っていた学校にはなかったですし、これまで新体操部だったと話す女の子とは知り合ったことがありません。きっと新体操部の女子というのはポケモンでいうとミュウツーくらい希少価値のある存在なのではないかと勝手に定義付けております。

 

インビジブル・シスター

 

この投稿をInstagramで見る

 

We’re really excited to catch #InvisibleSister on Disney on October 9th! #monstober

Just Jared Jr.さん(@justjaredjr)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

科学が得意な女の子クレオは学校では目立たない存在。ある日クレオは実験の失敗がきっかけでラクロス部の人気者であるモリーを透明にしてしまう。そこでクレオはモリーを元に戻すために奮闘するのですが、その中で姉妹の絆などの大切なことにも気付いていきます。

【コメント】

ローワン・ブランチャードが目の周り真っ黒なメイクで出演しているこの作品。

皆さんは自分が透明人間のようだと感じてしまう事ってありませんか?「周りのみんなが楽しそうにしているのに自分だけ会話にうまく混ざれてない時」や、「仕事をしている時に自分だけ実力不足で役に立てていない時」などシチュエーションは様々ですが、誰でも一度はそんな風に感じてしまう事があるのではないでしょうか。この物語でローワンが演じているのは学校で自分は存在感のないと感じている少女クレオ。それとは対照的に学校では人気者で透明人間とは程遠いモリーが物理的に透明人間になってしまうという設定がとても面白いなあと思います。

自分では「存在感がない」、「必要とされていない」と感じてしまっていても、誰かはあなたの存在に気付いていて、必要だと思ってくれているはずです。そんな事を教えてくれる作品なので、気持ちが落ち込んでしまっている方にオススメの作品ですね。

 

ゾンビーズ

 

View this post on Instagram

 

Three cheers for #DisneyZOMBIES! It premieres tonight at 8PM ET/PT on #DisneyChannel

DisneyChannelPRさん(@disneychannelpr)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

隔離されていた街に住んでいたゾンビたちが人間と同じ学校に通う事に。学校でアメフト部のスター選手になる事を夢見ていたゼッドは意気揚々とその学校にやってくるのですが、実際に来てみるとそこはゾンビたちに対する差別ばかり。しかしそんな中でゼッドはチアリーダー部に入る事に憧れていたアディソンと言う美少女に一目惚れ。最初はゾンビに対して偏見のあったアディソんでしたがゼッドの優しい人間と変わらない正確に気づき・・・。

【コメント】

記事執筆現在一番最新のDCOMがこの作品。ゾンビが登場するというあらすじを知った時はB級映画みたいな作品になるんじゃないかなあ・・・、なんて心配していたのですが全くの必要のない心配でした。ストーリーの安定感はもちろんですが、アディソン役を演じるメグ・ドネリーが素敵すぎるんです。可愛すぎるんです。僕個人としてはこんなに気になるディズニーチャンネルのスターを見つけたのはサブリナ・カーペンター以来です。しかもメグは日本が大好きで日本語も勉強中なんですよね。最高かよ!!

最近のディズニー作品はこういった自分とは違う他者を認める的な作品が多い気がします。最近はよく多様性という言葉を聞きますが、異なる肌の色や言葉を話す世界中の人たちみんなが仲良くできる時代をゾンビーズのような作品を見た若い世代が作っていけるようにと切に願うばかりです。

 

ベビーシッター・アドベンチャー

 

View this post on Instagram

 

Ready for 100. #AdventuresInBabysitting #100DCOMs

Disney Channelさん(@disneychannel)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

とっても真面目な高校生ジェニーと、芸術家を目指す自由人ローラ。この正反対の二人がひょんなことから5人の子供達のベビーシッターをすることになります。最初は対立している二人ですが、面倒を見なければいけない五人の子供達の起こすドタバタ騒動を通して次第に打ち解けていき・・・。

【コメント】

この作品、正直ストーリー自体はいたって普通なドタバタ映画って感じなんです。それでも今回紹介に至ったのは主演の二人が素敵すぎたからです。笑

主演を務めたのはサブリナ・カーペンターとソフィア・カーソン。ディズニーチャンネル好きの方なら「おお!豪華なキャストだ!」と思ってしまうような二人なんですが、それもそのはず。実はこの作品、DCOMの記念すべき100作品目だったんです。特に僕はサブリナが大好きだったので、この作品が放送されると決まった時はかなりワクワクしちゃいましたね。(ただ期待値が高すぎた分、少し肩透かしをくらっちゃいましたが・・・笑)

それにしてもこの2〜3年でサブリナの人気はかなり高いものになりましたね。僕が昔やっていたブログでサブリナの記事を初めて書いた時は、まだまだ知る人ぞ知るって感じの存在だったんですが、最近では洋楽雑誌などで取り上げられることも多くなりましたもんね。ちなみにこのブログの密かな目標はサブリナのインタビュー記事を書くことです。笑

 

カンペキ・ボーイ

【あらすじ】

仲良しのギャビーとメイは天才少女。しかし恋愛の方はあまりうまくいかずダンスに誘いたかった男の子も誘い損ねてしまいます。ひょんなことからボーイフレンドがいることを証明しなければいけなくなったメイは、父親が働いている会社のシステムを使ってカンペキなロボットのボーイフレンドを作ってしまいます。しかし、その父親の会社のシステムとはアメリカ合衆国の極秘プロジェクトに関わっており・・・。

【コメント】

天才学級アントファームで主演していたチャイナ・アン・マクレーンが出演しているこの作品。イケメンロボット役のイケメンさんがイケメンすぎてヤバかったです(笑)特に、劇中でギターを持ってセレーナ・ゴメスの「Love You Like A Love Song」を歌うシーンがあるんですが、かっこよすぎて男の僕でも胸キュンしてしまいましたよ・・・!(アッー!)

この物語に登場するカンペキな男の子はロボットですが、現実世界にも完璧って思えるような異性っていたりするんですよね。でも実際のところ欠点のない人なんているわけがなく、付き合ってみると何かしらの欠点が見えてくるものです。(まあ、恋しちゃってると欠点さえも素敵に見えてしまったりしますが・・・笑)そういう意味では片思いで終わった恋の方が、後から振り返った時に美しく思えるものですよね。まあ、僕は片思いばっかりなので美しい思い出をたくさん持っていますよ(白目)

 

ディセンダント

 

View this post on Instagram

 

And so it begins. #Descendants2 will begin production this summer for a 2017 premiere!

Descendants 3さん(@disneydescendants)がシェアした投稿 –

【あらすじ】

眠れる森の美女のマリフィセントやアラジンのジャファーなどのヴィランズ(悪役)に子供がいて、彼らが10代だったらという設定の物語。マリフィセントの娘マルたちは、ひょんなことから善人ばかりが住むオラドン合衆国のオラドン高校に通うことになります。高校に通いながら「フェアリー・ゴッド・マザーの杖」を盗もうとするマルたちでしたが、オラドン合衆国の王子ベンに惹かれるようになり、彼の誠実さや素直さに触れヴィランズとしての生き方に疑問を持っていきます。

【コメント】

今誰かにDCOMに興味あるんだけど最初に何観たら良い?って聞かれたらきっと僕はこの作品を勧めます。やっぱりハイスクールミュージカル以来の超話題作ですし、「ヴィランズの子供達」っていう設定が最高にクールですからね。劇中で歌われる楽曲も良いですし、キャストがみんなすっごく魅力的です。(ダヴ・キャメロンやキャメロン・ボイス、チャイナ・アン・マクレーンなどディズニーチャンネル好きにはおなじみのキャストも多いですしね)ちなみにディセンダントの3作目の放送は2019年夏に控えており、ネットの反応なんかを見てみるとみんな待ちきれずにウズウズしているようです。笑

いわゆるヴィランズ的な雰囲気を持つ不良っぽい男女というのは学生時代結構モテるんですよね。僕も学生時代、ちょっとワルな女の子の事が好きになって、メールのやり取りをしていたのですが見た目に反して優しい子でもっと好きになったことがありました。まあでも、周りの目や彼女のやんちゃな見た目にビビってほとんど学校では直接話せなかったんですけどね・・・。(遠い目)

 

まとめ

さあ、そんなわけで今回はディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーのオススメ作品15作品を紹介してきたのですがいかがだったでしょうか。

 

どうしても自分がリアルタイムで見ていた作品ばかりが並んでしまった感もありますが、まあそこらへんはご容赦ください。笑

 

僕がディズニーチャンネルを見始めた頃は視聴方法がかなり限られていましたが、、、

最近はDlifeでディズニーチャンネル作品を無料で視聴できるようになったので、これまで以上に人気のDCOM作品が爆誕したりするのではないかと非常に期待しております。

 

てなわけで本日の科学はここまで!

次回をお楽しみに!ネロでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です